OLEDパネルの焼き付きを極力回避する方法





iPhoneX

OLEDパネルの欠点

iPhoneXが従来のiPhoneと(その是非は別として)大きな差をつけたひとつにOLEDパネルの採用が上げられます。

正直、ユーザーからすればその違いを大きく認識することはないのですが、省電力かつ高輝度なOLEDは液晶の次の世代を担うに充分な技術です。

しかし、いくら液晶よりも優れているとは言っても欠点はあります。その代表的なものが「焼き付き」です。

画面を切り替えた後も前に表示されていたものがうっすらと残ってしまうという現象で、仕様上どうしても発生しまうもの。

 

AppleでもiPhoneXに採用するにあたって対策はしているのですが使い方次第では悪化させてしまうこともあります。

そこで今回はこの焼き付きを極力防止する使い方についてご紹介していきたいと思います。


1.iOSのバージョンを最新に保つ

ハードの問題なのに?と思うかもしれませんが、動作を司るソフトウェアには当然焼き付きを防ぐ対策が盛り込まれています。

内部動作を安全かつ快適に保つのみならず、OLEDの安全のためにもiOSを最新にすることを心がけましょう。

 

2.同じ画面を表示させたまま放置しない・画面を最大輝度で使用しない

焼き付きは同じ画面を表示しつづけることでより極端に発生し、画面の輝度が高いとそれを更に促進します。

3.自動明るさ調節をONにする

明るさの自動調節機能をONにすることで常に輝度が高い状態を防ぐことができます。

 

4.自動画面ロックの時間を短めに設定する

自動ロック条件の無操作時間を短めに設定することで、長時間同じ画面が表示されたままであることを防ぎます。

 

<もしiPhoneXに焼き付きが起きた場合>

10~20分iPhoneXの電源を切って放置してみてください。もし改善されない場合には1~2時間、あるいは睡眠中など時間を延ばしてみましょう。

それでも駄目な場合には画面の交換が必要な可能性もあるのでAppleに相談することをおすすめします。

 

<情報元:iDropNews

<文:研究員A>