iOS11.3Beta2が開発者向けに公開。ついにバッテリー診断が追加





iOS

設定→バッテリー→バッテリーヘルス

開発者向けにiOS11.3Beta2が公開されました。前回のBeta1では確認できなかったバッテリーの健康状態を表示する機能が追加されています。

該当の項目には設定アプリのバッテリー項目から進むことができます。

上段はバッテリーの劣化具合が、下段には現在のパフォーマンス状態が表示されています。

 

このパフォーマンス状態はバッテリーの劣化具合によって変化してき、ある程度(バッテリー交換が必要なレベルまで)劣化してくるとパフォーマンス抑制機能をOFFにすることができるように。

ただし一度OFFにしたらOFFになりっぱなしというわけではなく、突然の電源落ちが発生すると自動的にONになるようです。

 

現状は飽くまでもBeta機能なので今後仕様などは大きく変更される可能性がありますが、バッテリーの劣化具合が確認できるようになっただけでも充分に有益ではないかと思います。

一般向けのBeta版公開も近いうちに行われると見られていますので、配信されたら実際に試してみたいと思います。

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>