旧LINEに盗聴や内容改ざんが行えてしまう不具合が発覚





iOS

バージョン7.1.3~7.15は早急にアップデートを

コミュニケーションアプリiOS版LINEの過去のバージョンにおいて、通話の盗聴や内容の改ざんが可能になる不具合があったことが発覚しました。

これはアプリに含まれるSSLサーバー証明書の検証に不備があったことが原因で、信用できないネットワーク(提供元のはっきりしない無料Wi-fi等)で特定の暗号化通信を行った場合に、内容を盗聴されたり改ざんを行われる可能性があるそうです。

バージョン7.1.3~7.15まではこの脆弱性が含まれているそうで、7.1.3未満や2017年11月24日に配信された7.16以降は心配ないとのこと。

 

もししばらくLINEをアップデートしていなかったり、されているかわからないという場合はLINE内の[設定]>[LINEについて]にてバージョンを確認してみましょう。

<情報元:LINE

<文:研究員A>