AppleサプライヤーのWistron、iPhone8PlusにAppleに許可のないパーツを使用の疑い





iPhone8

Wistronは報道を完全否定

iPhone8Plusの組み立てを主に行っているサプライヤー、WistronがAppleの認可を受けていないパーツを使用したとして2週間の稼動停止処分を受けたとの報道がされました。

該当のパーツは防水に関わるものとされており、この件でWistronの中国・昆山にある工場が停止になったということですが、Wistronはこの報道を真っ向から否定。

2週間の稼動停止をした事実はなく業務は完全に正常であるとコメントしました。ただし今回の報道が発生してしまったことを重く受け止め、中堅以上の幹部に何らかの罰則を科したとのことです。

 

iPhoneの組み立ては中国にてFoxconnがその大多数を行っておりWistronは2次サプライヤーに過ぎませんが、インドでの組み立てはWistronが中心となっています。

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>