Apple、発売前からiPhone6・iPhone6Plusが曲がりやすいことを知っていた可能性が浮上





NEWS

iPhone6は3.3倍、iPhone6Plusは7.2倍

iPhone6,iPhone6Plusはその前機種であるiPhone5sからより薄く大きく進化を遂げました。

しかし反面、剛性は失われ非常に容易く本体が曲がってしまうという悲劇も起きてしまいました。更にそれが原因で「タッチ病」という特有のハード損傷までが発生し、アメリカで起こされた集団訴訟は未だに決着を迎えていません。

 

その中でAppleから提出された文章により、Appleは発売前にこの2機種が曲がりやすいことを知っていた可能性が浮上しています。

この文書には「Apple社内テストの結果、iPhone5sと比べてiPhone6は3.3倍、iPhone6Plusは7.2倍曲がりやすい」という旨の記載があります。

しかしAppleはこの事実を公にすることはせず、端末が曲がりやすいという指摘を受けた際にも「技術的問題はない」として頑なに認めることをしませんでした。

ところが秘密裏に対策は打っていたようで、担当裁判官はiPhone6/iPhone6Plus発売から1年半が経った2016年5月頃から「タッチ病」に対する対策を行いだしたとしています。

 

タッチ病は筐体の湾曲や発熱によって基板が故障し画面のタッチが一切利かなくなってしまうというもので、一度発症すると端末交換を行うしか改善の手立てがありません。

iPhone5sでは基板・回路の保護のためにアンダーフィルという硬化樹脂での補強を行っていましたがiPhone6・iPhone6Plusでは何故かアンダーフィルは用いられていませんでした。

 

この件に対してAppleの弁護士は「Appleが行った試験では、iPhoneを硬い場所で何度も落とさなければ曲がることはない」「社内テストで曲がりやすさを検証した事実は存在せず、そもそもこの文章自体が内部エンジニアの記述であるかどうかが疑わしい」としており、この文章の内容を真っ向から否定しています。

 

※冒頭の写真は実際に曲がってしまったiPhone6

<情報元:Motherboard

<文:研究員A>