Apple、電力管理チップを独自開発しサプライヤーへの発注を30%削減





NEWS

投資家へ警告

Apple製品における電源管理チップのサプライヤーDialog Semiconductorが、今年の売上高成長率が予測を下回ることを投資家へ向けて警告しました。

 

予測を下回るという根拠について、Dialog社はAppleからの受注が例年比で30%減少したためとしました。

Dialog社の収益の4分の3はAppleからの受注が占めているため、同社にとって痛手となることは間違いないでしょう。

 

この背景についてはAppleが自社で電力管理チップを開発だしたという見方が強く、DialogのCEO、Jalal Bagherli氏は来年も同様に発注が削減されると予測しているそうです。

差し当たり、他のメーカーとの契約を模索し穴を埋める計画のようです。一方で売上高自体は前年比で増加するという見込みについては撤回しませんでした。

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>