iPhoneは将来充電コネクタも廃止するかもしれない

NEWS

最終目標:全ワイヤレス化

iPhone8/8Plus/Xの発表の際にその存在を公表されたAirPower。簡単に言えば充電マットなのですが現在になってもまだ発売されておらず、これには発熱の問題や設計回路の複雑さが関係していると見られています。

発表から1年がかりで今年9月に登場するのではと見られているAirPowerですが、その開発に合わせてiPhoneXではLightningコネクタを廃止しようとする動きもあったのだとか。

 

AirPowerは当然、iphoneXと同じ時期に開発されていました。その際、テスト段階のiPhoneXからは一度Lightning端子が廃止されたこともあったそうです。ただ、当時の充電効率の悪さなどから実現には至りませんでした。

 

iPhoneの設計を手がけているJony Ive氏は「iPhoneがガラス製の1枚のシート」になることを最終的な目標と掲げており、ワイヤレスの未来を創造することに熱意を傾けています。ただのシートには当然端子などありません。

仮にAirPowerが無線ながら有線と変わらないかそれ以上の効率で充電可能となった場合、確かに充電することに対してLightningコネクタを用いることは必須ではなくなります。

では充電以外のLightning端子に対するニーズではどうでしょうか。

まずデータ通信。これは既にWi-fi経由でiTunesと同期できるようになっています。

次に音楽。言わずもがなBluetoothによる無線イヤホンが利用できます。耳からうどんと揶揄されていましたが街中でAirpodsを見かけることも多くなったのではないでしょうか。

ゲームコントローラーもBluetoothで無線利用ができますし、実はiPhoneは現状でもそれなりに利用環境の無線化が可能なのです。

 

とはいえ、Lightning端子を無くすことで

・充電マットの別途購入が必須になってしまう

・Mfi認証にかかるAppleの収入が確実に減少する

など現時点では壁となりうる事項が多いことも事実。飽くまでも設計者が目指すのは完全ワイヤレス化である、ということであり必ずそうなるというわけではありません。

Lightningを廃止しUSB TYPE-Cに変更するという報道もありましたから、少なくとも近い将来ではまだ有線端子は存在し続けるでしょう。

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>