最強のAppleアナリスト復活。改めて今年のApple製品を予測。





NEWS

新たな拠点でもAppleを対象とした業務に?

先日KGI証券を退社し、TF International Securitiesに籍を移した最強のAppleアナリストことMing-Chi Kuo氏。

移籍後はApple以外の企業を対象とした業務につくと見られていましたが、このたび投資家へ向けた新たなレポートを発表しました。どうやら新天地でも最強のAppleアナリストは活躍してくれるようです。

 iPhone情報研究所 
iPhone情報研究所
iPhone最新情報、iPhoneXsの情報も

 

今回のレポートにおける内容は2018年に発売されるであろうiPhoneなどのApple製品に関するもの。

iPhoneはKGI証券在籍時と変わらない内容ですが、OLEDを搭載した6.5インチおよび5.8インチ、そしてLCDを搭載した6.1インチの計3モデルと見ています。形状はいずれもiPhoneXに準じたもので、ホームボタンは無く上部にはノッチが有るだろうとしています。

iPhoneXに欠かせないTrueDepthカメラは当然LCDへの搭載に例が無いためにこの開発に時間がかかりLCDモデルのみ発売が遅延する可能性もあるようですが、OLEDではなく液晶を採用するため価格としては他の2モデルよりも安くなると見られています。

その他、低価格のMacbookAirや大画面化したAppleWatchが発売される可能性などにも触れています。

<情報元:AppleInsider

<文:研究員A>