USB制限モードに早速穴が USBアクセサリの接続でタイマーがリセットされる模様





iOS

特定のアクセサリを繋ぐだけでタイマーがリセット

iOS11.4.1より制限時間が1時間に短縮されたUSB制限モードですが、早速その設計に穴が発見されたようです。

 

サイバーセキュリティ企業ElcomSoftのある研究員Oleg Afonin氏の話では、信頼性のないものでもUSBアクセサリを繋げば制限までのタイマーがリセットされてしまうとのこと。

具体的には以下の通りです。

私たちは何回かのテストの結果、USB制限モードが一度発動してしまうと、再起動や復元を行っても解除されないという事実を確認しました。

言い換えると、一度発動してしまったらこれを解除する方法は今のところ明らかになっていません。

 

そのテストの中で発見されたのは、iPhoneとの信頼関係の有無を問わず、USBアクセサリを接続するとカウントタイマーがリセットされてしまうということです。

例えば警察官がiPhoneを押収したとして、その際に互換性のあるUSBアクセサリを接続すればUSB制限モードの発動を遅らせることができます。

ただし前提としてUSB制限モードがまだ発動していないことが条件です。(意訳)

ただしこのUSBアクセサリは何でもよいというわけではないようです。

 

例えば、Lightning – USB 3カメラアダプタではカウントがリセットされましたがLightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタではリセットされなかったといいます。

同社ではサードパーティ製品を含めてこのリセットの可否を調査しているようですが、条件が限られるとはいえAppleはおそらくこのままにはしないでしょう。

もしかしたら近々またアップデートが来るかもしれません。

<情報元:TheVerge

<文:研究員A>