アクセサリー オーディオ

超高コスパで話題のイヤホンRHA S500を買ってみた。

RHA s500

高級感と高音質を持ち合わせたコスパモンスター!

私研究員A、普段はShureのSE215SPE-Aというイヤホンを愛用しております。発売当初、初音ミクカラーなんて言われていたやつですね。

SE215SPE-A

 

実際はミクカラーよりもかなり青いのですが。価格は12,000~13,000円くらい。

で、こいつとはもう1年以上の付き合いになるのですがたまには新しいイヤホンがほしいな~なんて考えておりました。

そんなある日、様々なメディアで「コスパ最強」としてレビューされていたイヤホンを見つけました。そしてそれこそがRHA社のS500だったのです。

 

小さい、音がいい、そして安い

レビューを見てみると、素材にはアルミを採用し、ドライバはMicroダイナミックという小型を用いており筐体は非常にコンパクト。そして中高域の解像度はBAドライバにも匹敵するだと?!

BAドライバのイヤホンは確かに音が耳に綺麗に入ってくる。しかし高い。ゆえに試聴しては歯がゆい思いをする日々でした。これは聞き捨てならない。

そしてなんとお値段6,000円。愛機SE215SPE-Aの半額未満…!!気がつけばAmazonさんから「ご注文の確認」メールが来ていました。

 

いざ開封

で、翌日。はいドン!

S500Package

 

届きました。それでは開封の儀と行きましょう。

 

RHA S500 inside

箱の中身は

本体

キャリングケース

交換用イヤーチップ

ワニ口クリップ

説明書

となっていました。必要最低限かつ十分な内容ですね。

しかしイヤーチップの量には驚きました。もともと本体に1セット付いていて更に6セット、計7セット(S,M,L各2セット+2段フランジ1セット)もついています。

 

そして筐体はめちゃ小さい!

SE215SPE-A&S500

愛機SE215SPE-Aと並べてもこの小ささ。そしてアルミボディから漂う高級感は最早6,000円のそれではありません。

 

では早速…

音を聴いてみましょう。ネットレビューでは「低音が小さい」という点で低評価を多く受けていましたのであまり期待せずに、BUCK-TICKのROMANCEをば。

 

…?!なんだこの音は!!

 

2,000円にも劣るレベル。なぜならばイヤーチップと耳の穴がきちんと合っていなかったから。カナル型にはよくあることですね。

そこで色々とイヤーチップを交換してみましたがどうにもしっくり来ない。そこでSE215SPE-Aでそうしているように、余っていたShureの3段フランジを2段に加工して使ってみました。

そうすると…

 

…?!なんだこの音は!!(2回目)

 

見違えるような変化が。低音は高音ほど前に出てくる感じではないもののきちんとAメロのブリブリ感が出ているし、中高音は評判通りダイナミック型とは思えないクリアでキラキラした質感。ボーカルの櫻井氏が手招きしている気がしてきます。倍以上の価格であるSE215SPE-Aにも迫る表現力。まあこちらは低音寄りのイヤホンなので比較は難しいのですが。

低音が足りないと言っていた人たちはイヤーチップが合っていないか余程の低音派なんだろうなあ。でもちょっと高音が割れている…?ということでひとまず一晩エージングをしてみることにしました。

 

どうしても合わない…

一晩明けて、高音の刺さる感じや割れはだいぶ大人しくなりました。使っていれば馴染みそうだなあなんて考えながら高音といえばということでKalafinaのStoriaを聴いてみることに。

一体女性3人ボーカルをどう表現してくれるんだろう…?胸を期待でいっぱいにしながらいざ再生!…すると。

 

…?!なんだこの音は!!(3回目)

 

違和感がすごい。というのも、多重ストリングスと右側から流れるギターが分離せず全部がベチャっとたたきつけられているような感じ。

高音が馴染んでいないからかとも思いましたが、いやそうじゃない。これは完全に相性の問題なのでしょう。

 

とはいえやはりコスパモンスター

アーティストの相性があるとはいえ、この音質、筐体の造りで6,000円は破格です。13,000円と言われても充分買ってしまうレベル。しかもメーカー保障は3年付き。

手持ちの音源で一番グッときたのはCHEMISTRYのB.M.Nでした。バスドラの破裂感、ギターのチャカチャカ感の表現が素晴らしく、ボーカルの2人の声も楽器に埋もれることなく程よい遠近感です。

もし10,000円以内で良いイヤホンを探している方がいたら間違いなくお勧めの一品です。

-アクセサリー, オーディオ