iOS NEWS

待望のiPhone6C 発売予定は2月? 機能を押さえておきましょう

日本人には大きいiPhone6と6plus Sになってもそれは一緒でした。

そこで待望の5Sとかと同じ大きさの4インチ版「iPhone6C」の発売が

2月にされるかも!ということでした。

iphone-6c_iphones_gold

 

モックアップの画像など詳細があるので

海外サイトを参照してみてください。

cropped-cropped-9to5-mac-logo

 

 

iPhone5Cの時は5Sというよりかはカラフルな5という位置づけで

発売されたこともあり、折角64bitスマホが出てきたのにわざわざ

新しい端末で古い規格を使うのは耐え難いという方もいたのでは

ないでしょうか。

 

ではここで調べた限りのスペックです。

 

A9プロセッサ

これは現行のiPhone6Sと一緒です。

5Sとか6くらいから速度に不満を持ってる!という人はあまり

見かけないので十分といえる処理性能だと思われます。

ところで話題になったSamsung製とTSMC製はどういった

結果になるのでしょうね・・・

 

機種は16GBから。32GBは通り越して次は64GB?

容量の扱いも6Sと一緒のようですね。

16GBの次は64GBなら32GBからにしてくれたほうが助かるとは

思いますが恐らくはエントリーモデルで最安値段を出すための

選定なのかなとは感じます。

 

メモリは2GB

これに関してはiOSでは十分なのかもしれないといった状態でしか

ありません。Android端末には3GBや4GBのものも見受けますが、

iPhoneはiPhoneのみの専用OSなのでそんなにメモリが多く必要ないのか

電池の減りを防ぐためにメモリ容量は犠牲にしてるのかも知れません。

それでもiPhone6,6 plusは1GBなのでメモリ不足に悩まされることは

ないと思っても良いのかも・・・

 

NFCチップ搭載

毎回NFC関連のニュースには踊らされるだけ躍らされるので今回も

実際に目の当たりにするまで期待するのは禁物です。

Apple Payのみにしか対応してないことも十分に考えられます。

 

3D Touch機能はなし。指紋認証はあり

6Sから採用された3D Touch機能は残念ながら6Cでは無いようです。

しっかりグリップできる大きさだからこそ片手で3D Touchに行きたかったので

残念ではあります。

指紋認証は採用されるそうなので修理屋としてはホームボタンの配線が

どうなってるのか気になります。

 

バッテリーは1,642mAh

なんとも中途半端な容量ですがギリギリ入る大きさまで詰めた結果なので

しょうか。

ちなみにiPhone6は1,810mAh

iPhone6 plusは2,915mAh です。

少し電池の持ちが悪くなるのか、画面が小さくなった分伸びるのか結果

一緒なのかといったところで、画期的な飛躍ということもなさそうです。

 

といった感じで、最新のiPod Touchくらいの大きさに色々機能が盛り込まれた

スマートホン といった立ち位置になるのでしょうか。

6や6 plusが手に余る大きさで機種変してから落とす頻度が増えた方や

ポケットに入れるとパンパンになっている方などは一度その手に握り返して

あの時のホールド感を取り戻すのも良いかもしれません。

 

-iOS, NEWS

関連記事