オーディオ

正直なめていた。ハイレゾ対応ヘッドホンEHP-OH1000でエレコムの本気を体感。

EHP-ROH1000

エレコム?周辺機器メーカーがハイレゾとか何言ってんの

どうも研究員Aです^^

先日、<福袋ゲット>のためにフジヤエービックさんに朝から行きまして。福袋だけじゃ寂しいのでそのまま初売りにも参加してきました。

ふとレジ前の棚を見るとゴールドカラーのヘッドホンが7,000円というのが目に入りました。しかもハイレゾ対応だ、と。ふーん。なかなか安いじゃない。

とはいえ私もオーオタの端くれ。ハイレゾ対応が高音質とイコールではないのは十分に理解しておりますのでとりあえずメーカーを確認してみます。

 

「ELECOM」

 

あー、エレコムが最近イヤホンとかヘッドホンとか頑張っているのは知っている。でも所詮はPC周辺機器とかのメーカーでしょ?

オーテクやソニー、まして普段使っているSHUREになんて勝てっこないじゃない。

ま、でも7,000円だしネットの評判も良いし、お試しで買ってみますかね。ということで物は試しという感じで買ってきました。

型番は「EHP-OH1000」。スマホ用マイクの無いタイプです。

 

それで、中野を後にし、帰路につく中で開封して常用のハイレゾプレーヤー「Fiio X1」と合体!

耳に乗せてみると、締め付けのキツくない程よい側圧。ブリッジの部分もきちんとクッション性があり筐体も軽いので長時間乗せていても疲れなさそうです。これはなかなか。

持っているハイレゾ音源の中でも<以前レビューしたイヤホン、RHA S500>がもっとも苦手としているKalafinaの「Magia」を再生してみます。

 

 

…ゾクリ

一番頭の、おそらくは手で叩いているであろうシンバルの音を聴いただけで背筋が寒くなりました。え?なに?

何が起こったのかわからず驚いている私に次に待ち受けるのはコーラスと共に一気にぶつけられるエレキギターとドラム。ゾクゾク。

いつもならまとまった音の玉を右と左から投げられている感じですがどうにも違う。左右に等間隔に音が配置されてそれがこちらを目掛けて投げられてくる。

これがオーディオ専門では無い企業の作れる音なのか?!分離のよさ低・中・高の全音域のバランスのよさ。特別、音に色がついた感じはないがそれが良い。

 

すみません。エレコムさんなめてました。

 

 

ハイレゾ対応がどうとかよりも単純に良い物

その後、CHEMISTRY、BUCK-TICK、マリリンマンソン、東京事変等色々と聴いてみましたがどれも良い意味で得手不得手なく綺麗に鳴らしてくれます。

ハイレゾの周波数帯域は人間の一般的な可聴域を超えているのでその恩恵がどうとかは全く信じていませんが、そんなものを抜きにして単純にこのヘッドホンは良い。

しかも2016年1月現在、最安は約8,600円(今回は初売りセールで7,000円)。なんというコスパ。もし安くて良い物を探している人がいるならばイヤホンはS500、ヘッドホンはOH1000とためらい無く答えるでしょう。

ここからエージングしてどう変わるかが楽しみです♪

 

オーディオ初心者や安くて高音質の出力機器を探している方はもし試聴できる機会があれば是非試してみてください!

-オーディオ

関連記事