iphone7 オーディオ

有線派ユーザー涙目。iPhone7は本当にイヤホンジャックが無いらしい。

iPhone7

ちょ…マジで?

以前に、<iPhoneからイヤホンジャックが無くなったらどうなるのかを考えてみた。>という記事を書きました。

というのも、Appleがイヤホンジャックを廃止してLightning端子もしくはBluetooth接続でのイヤホン・ヘッドホンを採用するという噂があったからなのです。

「いくらなんでもそれは無いだろ~」と、正直まったく信じていなかったのですがどうやら最近の海外サプライヤーのコメントを見ると結構現実的なようで…。

私、音楽は有線派なので現在所有のイヤホン・ヘッドホンの類が全滅となると完全に涙目です。

 

同梱されるイヤホンの名は「AirPods」

最新のiPhone6s/iPhone6sPlusを含む最近のiPhoneに同梱されているイヤホンといえば「EarPods」です。定価3,000円以上はする高品質イヤホンなのですがこれは当然有線なのでiPhone7では採用されないでしょう。

ではどうなるのか、についてはBluetooth対応のイヤホンが同梱される可能性が高いと見られています。実際、すでにAppleが特許取得用に設立したとみられる企業が「AirPods」という商標登録の申請を行っていることが確認されており名前からして無線機器であろうことは想像に難くありません。

 

beatsブランドからLightning端子採用モデルが発売される?

beatsといえば日本でも若者を中心に人気のオーディオブランドですが、実はAppleの傘下企業でもあります。

ニュースメディア『Fast Company』ではこのbeatsからLightning端子採用の優先機器が発売される可能性が高いという報道がされています。

このところbeatsの新作機器がBluetoothを採用した無線モデルばかりなのも、もしかしたら現在の3.5mm端子ユーザーを前もって減らすことで、イヤホンジャック廃止を理由に次期iPhone購入から足が遠ざかるのを防ぐ意図があるのかもしれません。

 

有線派、必死の抵抗

一方で、イヤホンジャック廃止の撤回を求めて署名活動が行われています。その署名数はすでに21万人を超えており、署名ページの書き出しは「Appleはまたしても顧客を無視しようとしている」という過激なフレーズから始まります。そして、「新たな規格のヘッドホンを多くのユーザーに新たに購入させることは電子廃棄物の山を生み出すに等しい」「Appleは標準ヘッドホンジャックを採用して、自らの企業価値を貶めることを防ぐべきだ」という旨で締められています。

 

果たしてこの声はAppleに届くのでしょうか?今後の動向に引き続き注目です。

イヤホンジャック採用嘆願署名はコチラ

-iphone7, オーディオ

関連記事