*

 iPhone 

【一気読み!】iPhone7価格情報・スペック・発売日等まとめPart3

まとめPart1はコチラ
まとめPart2はコチラ

メニュー
145.通常の3倍!?トランプ専用iPhone7
144.iPhone7に新色ホワイトモデルが追加?
143.iPhone7の撮影写真はまるで水彩画のよう?ソフトウェアの不具合か
142.iPhone7のA10チップはTSMCが独占製造、iPhone8も同様に
141.iPhone7、採用モデムによって性能差30%。日本版は問題無し
140.iPhone7ジェットブラック、バックパネルの文字が消える
139.車の中でiPhone7が炎上
138.やっぱりiPhone7/7Plus 32GBは処理速度が遅かった
137.iPhone7はホームボタンが壊れたら自動で仮ボタンを表示
136.サムスンの二の前か…爆発・膨張が相次ぐiPhone7Plus
135.機種変更組は注意!JR東日本がiPhone7向けにSuicaの情報公開
134.iPhone7Plus 32GB、処理速度が異様に遅い?
133.iPhone7、ベンチマークはトップレベルだがバッテリーは…
132.RAMの差はあるのか!?iPhone7 vs 7Plus 速度比較
131.iPhone7のシャッター音が大きいのは日本だけ!
130.【再放送】iPhone7Plus分解生放送!
129.iPhone7Plus、iOS10.1で背景ぼかし撮影に対応
128.iPhone7の国内初動は42%減?!
127.iPhone7が分解出来たのでiPhone7Plusの分解生放送します!
126.iPhone7、不具合報告多数
125.iPhone7にiPhone6/6sの液晶保護ガラスフィルムを貼った結果
124.iPhone7をイヤホンジャックが挿せるように改造(ネタ動画紹介)
123.iPhone7耐久テスト動画紹介
122.【再放送】iPhone7を生放送で分解!―のはずが…
121.9/16はiPhone7/iPhone7Plusの発売日!分解生放送、敢行します。
120.iPhone7の液晶パネル写真を独占入手!
119.iPhone7ジェットブラックは5以来の黒いパッケージ!
118.iPhone7Plusが出荷開始!パッケージ画像もリーク
117.iPhone7の防水性能は?過信は出来ない「IP67等級の耐水性能」
116.iPhone7/7PlusにiPhone6シリーズのアクセサリーは使いまわせるのか?
115.iPhone7Plus、デュアルカメラの片方には光学式手ぶれ補正が搭載されてない!?
114.予約開始!現在iPhone7Plusジェットブラックは11月出荷分に…
113.Apple、iPhone7のページを公開!9月9日予約開始、価格は72,800円(税別)から
112.【速報】iPhone7/7Plus、9月16日発売決定!!
111.iPhone7のベンチマークが明らかに?6sから約30%アップ
110.iPhone7の新色はダークブラックとピアノブラック、詳細な仕様情報も
109.iPhone7もAirPods同梱版が登場か
108.iPhone7ではGIFアニメを完全サポート、価格情報もリーク?
107.iPhone7PlusはBluetooth仕様のAirPods同梱!?
106.32GBの仕様書が流出&ヘッドホンアダプタ同梱?
105.iPhone7/7Plusのカメラの詳細?カラーはやはり5色か
104.iPhone7/7Plusのスペック情報がリーク、ついに防水化?
103.Apple、9月7日にスペシャルイベントを開催!iPhone7の発表来るか
102.iPhone7/7Plusは品薄状態に? 9/16発売が濃厚?
101.Apple、iPhone7のおサイフケータイ化を計画?

通常の3倍!?トランプ専用iPhone7

1115_iphone7_01

選挙活動中の発言が大統領の決定的差でないということを教えてやる

大統領選で勝利したドナルド・トランプ氏。

ロシアでは早速トランプ氏の肖像画が刻印されたiPhone7が販売されました。

恐らくブラックのiPhone7をベースに金のプレートを貼り付けたもので、その金額は32GBモデルで約32万円、256GBモデルは約37万円と通常モデルの3~4倍と非常に高額。

板を貼り付けただけでこの金額、なぜだ!?

 

純金だからさ

そう、このプレートは純金製で出来てます。

純金プレートを貼り付けているので厚みが増していますが、カメラのレンズ部がフラットになっているので、テーブルなどに置いた時は安定しそうですね。

また、写真では分かりにくいですが、バックパネルのプレートで覆われていない箇所にはアルマイトコーティングが施されているそうで、ディスプレイ以外は通常のiPhoneよりも耐久性が上がっていると思われます。

なお、販売サイトのCAVIARではロシアのプーチン大統領の肖像画が刻印がされたiPhoneも販売していて、プーチンモデルの方が高額な設定となっています。

実はトランプモデルは同サイト内ではリーズナブルな方かも…?

 

情報元:CAVIAR

<文:研究員H>


iPhone7に新色ホワイトモデルが追加?

1108_iphone7_01

品薄状態が続いているジェットブラックモデル。

その対のモデルとなるのか、Pure Whiteモデルを追加するとの噂があるようです。

 

ピュアホワイト?ジェットホワイト?

Macお宝鑑定団Blogがサプライヤー関係者から得た情報によると、AppleはiPhone7/iPhone7Plusにホワイトモデルを追加する計画があるようだと話していたそうです。

しかし同時に、今回の情報は信憑性が低いかもと報じています。

 

同サイトは関係筋からいち早くiPhone7のイヤホンジャック廃止の情報をリークした事でも知られています。

しかしカラーバリエーション関連ではiPhoneSEのビビット系ピンクiPhone7のディープブルーと新色情報をリーク、その後新色は出るもカラーは微妙に外していました。

自身で述べている事からも信憑性は低いのかもしれませんが、新色追加の動きがあるのかもしれません。

 

AppleはiPhone4の時に最初はブラックのみ、後からホワイトカラーを追加販売しています。

2017年前半にはiPhoneSEの新モデルは登場しないとの噂もありますし、代わりに新色が追加されるのかもしれませんね。

 

 

情報元:Macお宝鑑定団Blog

<文:研究員H>


iPhone7の撮影写真はまるで水彩画のよう?ソフトウェアの不具合か

年々進化するiPhoneのカメラ。

とうとうiPhone7Plusではレンズが二つになり、背景ぼかし等の機能も追加されました。

そんなiPhone7/7Plusのカメラについて、一部のユーザーからカメラの画質が酷いと苦情の声が上がっています。

 

iPhone7の画質がiPhone5s以下!?

Appleのサポートコミュニティに苦情が殺到しており、撮影した画像が「水彩画のようだ」等と言われています。

 

1104_iphone7_01

実際にiPhone7とiPhone5sで撮影比較したものです。

(赤形の色は劣化しやすく、画像も小さいので参考にしにくいですが)iPhone7の方が細かいディテールが失われているのが分かるでしょうか?

ノイズ除去を行ったような写真になっていて、見方によってはiPhone7の方が綺麗に見えるかもしれませんが、花びらの細かい模様やシワがのっぺりとしています。

緑の葉っぱがボケてるのがポートレートモードならば良いのですが、そうでなければボケ過ぎな気がします。

 

問題は「カメラ」アプリか

解決方法としては、ストレージ最適化を無効にする(設定アプリ→iCloud→写真)か、別のカメラアプリを使う方法が挙げられています。

別のカメラアプリで問題無く撮影できるのならば、純正のカメラアプリに問題があるという事になります。

となると、部品ではなくソフトウェアの問題になるので、今後のアップデートで改善される可能性はありますね。

 

情報元:AppleInsider

<文:研究員H>


iPhone7のA10チップはTSMCが独占製造、iPhone8も同様に

Tsmc

ストレージ格差、モデム格差とありましたが…

32GBモデルは処理能力が劣る」「Intel製モデムはQualcomm製モデムより劣る」と一般の方には分かりにくいところで性能差が出てしまっているiPhone7シリーズ。

モデム格差は日本版では問題ありませんが、せっかく最低容量が32GBまで引き上げられたのにトホホな事に…

 

性能差と言えば過去にはiPhone6sシリーズがA9チップの製造元によってわずかに差が出ると話題に。

それを踏まえてか、iPhone7に搭載されるA10チップの製造はTSMCが独占製造するとの情報がありました。

 

チップ格差は無し!iPhone8も継続か

iPhone7/7Plusに採用されているA10チップは全てTSMC社のみで製造している事がTSMC社の会長である張忠謀氏の発言によって明らかになりました。

他にも10nm(ナノメートル)の開発がサムスンより進んでいることや、iPhone8でも引き続き独占製造する旨の発言をしたそうです。

さらにはサムスンのGalaxy Note 7が爆発した件に触れるなど、かつてTSMC同様にA9チップを製造していたサムスンを意識した発言がチラホラと。

ともあれ、ユーザーとしては知らないところで格差が出るような事がなければ良いわけですから、iPhone8にも期待したいですね。

 

情報元:Wccftech

<文:研究員H>


iPhone7、採用モデムによって性能差30%。日本版は問題無し

1026_iphone7

32GBモデルが他の容量に比べて処理能力に差が出る結果となったiPhone7/7Plus。

さらにモデムの差によって30%の処理速度差が出ることがアメリカのセルラー・インサイツによって発表されました。

 

Qualcomm > Intel

iPhone7/7Plusに搭載されているLTEモデムにはIntel製とQualcomm製の2種類が存在しています。

この2種類の処理速度を比較したところ、Qualcomm製モデムを採用しているiPhoneはIntel製のものと比べて30%優れた調査結果が出たとの事です。

具体的には受信感度の悪いiPhone6sくらいとの事ですが、う~ん、快適さこそiPhone7の売りだと思っているので、この差は厳しいような…

 

確認方法は?

iPhoneの型番で判別可能のようです。

型番はiPhoneの背面の刻印もしくはパッケージの底面に記載されていて、「A1778」「A1784」と記載されているのはIntel製、つまり30%劣るモデムとなります。

ですが日本で販売されているものは「A1779」「A1785」と記載されたQualcomm製なので、この件に関しては大丈夫ということです。

 

見えない格差は解消されるのか?

Intel製モデム且つ32GBモデルはかなり悲惨な結果になってるんでしょうか?

以前にはiPhone6s/6sPlusのA9チップ格差もあり、悩みの種はつきません。

最近はユーザーが簡単に性能差を比較できますし、過敏になってる人も多いので、こういった差は無くすか、把握しているなら公表して欲しいですね。

 

情報元:MacRumorsCNN

<文:研究員H>


iPhone7ジェットブラック、バックパネルの文字が消える

1024_iphone7_01

指紋が目立つ・傷つきやすいとデメリットが目立つiPhone7/7Plusの新色ジェットブラック。

Appleは「ケースを着けてね」と本末転倒な回答。

とあるユーザーは背面用保護フィルムを貼り付けていたようですが、それを剥がしたところ、バックパネルの文字が転写され、iPhone側からは文字が消えたそうです。

 

1024_iphone7_02

これぞ真のブラック!といわんばかりにツルツルです。

さすがに埋め込み式のリンゴマークは消えませんが。

なお、他のカラーで試してみるも、同様の結果は得られなかったようです。

 

不具合ではありますが、刻印が邪魔だと思うユーザーもいるでしょうから試してみるのも一興?

 

Apple製品ユーザーなら懐かしい

img_0442

昔のiPod等は、やはり素材の関係でロゴが落ちやすかったですよね。

保護ケースのサンプル品が置いてあるお店で保護ケースの内側を見ると、試した人のロゴが転写されてるのをよく見かけました。

 

おそらくジェットブラックも保護フィルムだけじゃなく、ぴったりフィットするようなケースでも同様の結果になると思われますので、嫌な人は注意してください。

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


車の中でiPhone7が炎上

1023_iphone7_01

Galaxy Note 7が危険物扱いされて飛行機内への持ち込みが禁止となりましたが、今度はiPhone7が炎上する事故が発生しました。

 

サーフィン中に車内のiPhone7が炎上

オーストラリア在住のサーフィン・インストラクターのマット・ジョーンズ氏は、車の中にiPhone7と脱いだ衣類を置いてサーフィンのレッスンに。

その後、戻って来た時には煙に覆われた車を見てショックを受けたそうです。

 

1023_iphone7_02 1023_iphone7_03

ボロボロになった車内には燃えたパンツと解けたiPhone7が残ってたそうです。

出火原因は断定されていませんが、マット・ジョーンズ氏はiPhone7が原因と考えているようです。

なおこのiPhone7は購入して一週間しか経ってなく、非純正品と接続したりもしてないそうです。

 

水に強くなっても熱には弱い

1023_iphone_kouon

溶岩の中に突っ込んだiPhone6sの方がまだ綺麗でしたので、それを考えると出火元はiPhone7で間違いなさそうですね。

iPhoneに限らず、機械は熱に弱いです。

サーフィンしていたという事は晴天だったのでしょう。

日差しの強い日の車内は高温になりやすく、そんな中にiPhoneを置いておくと高温で動作不良を起こします。

特にiPhone7は耐水仕様になった反面、廃熱がうまく出来ず、熱くなりやすい膨張・爆発したとの報告も挙がっています。

iPhone7は耐久性が上がったと思わず、これまで以上に扱いには注意した方が良さそうですね。

 

 

情報元:7NEWS

<文:研究員H>


やっぱりiPhone7/7Plus 32GBは処理速度が遅かった

以前にもiPhone7Plus 32GBモデルが他の容量モデルやiPhone6sPlusよりも処理速度が遅い事が話題になりましたが、YouTuberのUnbox Therapyが検証した結果、やはり同様の結果が出たことが判明しました。

 

1021_iphone7_32gb_01

以前GSMArenaが検証した時はiPhone7とiPhone7Plusでの比較でしたが、今回はiPhone7同士(32GBモデルと256GBモデル)での比較です。

 

処理速度

使用した測定アプリは「Performance Test」。

 

1021_iphone7_32gb_02

iPhone7 256GBモデルの書き込み速度は「341MB/秒」、読み込み速度は「856MB/秒」。

iPhone7 32GBモデルの書き込み速度は「42MB/秒」、読み込み速度は「686MB/秒」。

どちらも256GBモデルに劣っていますが、特に書き込み速度は32GBモデルの方が8倍も遅い結果が出ました。

 

データ転送速度

次はiTunesからスター・ウォーズの映画をiPhone7に書き込む速度を計測。

 

1021_iphone7_32gb_03

iPhone7 256GBモデルでは2分34秒。

 

1021_iphone7_32gb_04

対してiPhone7 32GBモデルでは3分39秒と、1分の差が出ました。

 

仕様と受け止めるべきなのか?

容量の大きい方が小さい方よりも性能が良いというのは分からなくはありません。

しかし以前の検証でiPhone6sPlusにも大差で負けている事から、ただ容量の差だけとは思えません。

今後どうなるかは分かりませんが、現状32GBモデルは避けたほうが賢明なのかもしれません。

 

情報元:YouTube

<文:研究員H>


iPhone7はホームボタンが壊れたら自動で仮ボタンを表示

ホームボタンが押し込む物理クリック式ではなく、ディスプレイ画面と同様にタッチ式に変わったiPhone7/7Plus。

メリットとしては「劣化しない」「浸水を防ぐ」等がありますが、精密機械なので壊れる時は壊れます。

iOS10ではロック解除にスワイプではなくホームボタンを押す必要があるので、ホームボタンの故障は致命的です。

ですが物理ではなくOS依存になった為、壊れた時はiPhoneがホームボタンの故障を認識し、ディスプレイ上に仮のホームボタンを表示してくれるようになりました。

 

1016_iphone7

写真のユーザーはiPhone7が充電中に電源が落ちてしまい、再起動したところホームボタンが故障。

画面上に「ホームボタンの修理が必要です。その間、画面上のホームボタンが使えます」と表示が出て、画面最下部中央にホームボタンが表示されたとの事。

「AssistiveTouch」に似てますが、あれとは違うんでしょうか?

壊していいiPhone7が無いので検証できませんでした。

 

強制終了・再起動する方法

ホームボタンが使えないと、ホーム画面に戻れない他に、フリーズ時などに強制終了・再起動(スリープスイッチとホームボタンを長押し)も出来なくなります。

iPhone7/7Plusではスリープボタンと音量を下げるボタンを長押しすることで強制終了・再起動出来るようになります。

Android端末ではお馴染みのテクですね。

 

AssistiveTouchを出す方法

先程の仮のホームボタンとは違いますが、自分でもディスプレイ上にボタンを出すことが出来ます。

設定>一般>アクセシビリティ>AssistiveTouch と進んでいきます。

設定>一般>アクセシビリティ>AssistiveTouch img_0438

AssistiveTouchをオンにすると画面上にボタンが現れます。

タッチするとホームボタン以外の操作も行えるので、ボタンが壊れた際にはオススメです。

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


サムスンの二の前か…爆発・膨張が相次ぐiPhone7Plus

0ab573f7712db3f

せっかく届いたのに…

cnBeta.comでは、Appleストアで購入したiPhone7Plusを家で開封したらバッテリーが膨張していたという驚愕のニュースを掲載しています。

この写真の主は中国に住むとある女性。iPhone7Plusの32GBシルバーを予約してから1ヶ月。ようやく入荷された端末を引き取り、ルンルン気分で自宅に戻って開封してビックリ。

新品のはずのバッテリーがパンパンに膨らみ、液晶を押し上げていたのです。

 

この女性は即座にAppleへコンタクトをとり、実機の画像を提供したところ交換を認められたということなのですが、品薄が続く中国では交換品の用意ができず対応できるのは11月上旬になると言われてしまったとのこと。

1ヶ月待って手に入れたのに更に1ヶ月待たないといけないとは…あんまりな結果です。

 

日本ではそのような情報はないものの、このほかにもiPhone7Plusでは世界中でバッテリーの膨張や爆発がちらほらと報告されているようで、一部ではバッテリーのサプライヤーに問題があると指摘する声もあるとか。

 

Appleのライバルともいえるサムスンは、最近発売したGalaxyNote7が世界中で爆発し、生産停止、回収騒ぎが発生しましたがiPhone7Plusもリコールの対象となってしまうのでしょうか?

なお、Appleでは過去にiPhone5のバッテリーに駆動時間が極端に短かったり充電が頻繁に必要になるなどの問題が発生したことがあり、該当ロットの端末に対して無償でバッテリーの交換を行なう対応を行なっています。

<文:研究員A>

機種変更組は注意!JR東日本がiPhone7向けにSuicaの情報公開

1011_iphone7_suica_applepay

「iPhone7ではSuicaが使えるようになります」

――と言われてから続報が無いままでしたが、JR東日本がモバイルSuicaのページ内にiPhone7/7Plus向けの説明を公開しました。

 

一部サービスは利用不可

EX-IC(JR東海が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス)、銀行チャージキャリア決済チャージネット決済サービス等の一部利用出来ないサービスがあります。

キャリア決剤チャージが出来ないのは地味に面倒ではないでしょうか。

更にビュー・エクスプレス特約はiPhoneへ移行すると解除されるとの事。

残念ながら色々制約がありそうですね…

 

機種変更組は事前準備を

これまでモバイルSuicaを使用していた人は、iPhoneでSuicaカードの取り込みやSuicaカードの新規発行を行う前に、サーバへ預け入れたデータの受け取り操作を行う必要があるようです。

iPhone内にSuica情報があることで機種変更データの受け取りが出来なくなるとの事。

また、再発行登録したモバイルSuica情報をiPhoneでは引き続き利用する事は出来ないとの事。

旧機種からのデータをサーバへ預ける「機種変更」の手続きができない場合は、一度「退会」手続きを取って、Apple Payのサービスが開始されたら改めて新規登録する必要があるようです。

Apple側からの説明が無いのでピンと来ないですが、旧機種で機種変更の手続きを行い、iPhoneでカードの登録手続きをする前にデータの引継ぎが必要という事だと思われます。

LINEユーザーはデータの引継ぎで苦戦してる人が多かったようなので、Suicaユーザーの皆様も注意してください。

 

情報元:JR東日本

<文:研究員H>


iPhone7Plus 32GB、処理速度が異様に遅い?

1011_iphone7_01

7Plus 32GBは6sPlusにも劣る?

iPhone7/7Plusから容量が引き上げられ、最低容量も16GBから32GBになった事でライトユーザーも余裕を持って使用できるようになったのではないでしょうか。

しかしGSMArenaが、iPhone7Plus 32GBモデルのベンチマークテストを行ったところ、他のiPhoneと比べてかなり劣る結果が出ました。

Storage test iPhone6sPlus 64GB iPhone7 128GB iPhone7Plus 32GB
Basemark OS II Memory 1422 1721 839
PassMark Disk Mark 54557 69616 43668
PassMark Storage Write 200.6 Mbyte/s 308 Mbyte/s 39.6 Mbyte/s
PassMark Storage Read 628 Mbyte/s 926 Mbyte/s 691 Mbyte/s
5min 4K video copy 1:00min 0:17min 0:52min

通常ならiPhone7よりもiPhone7Plusの方がわずかな差ですが各スペックは上回ってるはずなのですが、全ての項目において大きく下回ってます。

そればかりか、1年前のiPhone6sPlusにすら、劣っている箇所が複数あります。

 

原因はストレージメモリの製造元?

今回の検証は、複数のiPhone7Plus 32GBモデルで行ったわけではないので断定は出来ず、たまたまiPhone7Plusが不具合が起きていたという可能性も捨て切れません。

しかし少数ながら、他の方からも同様の報告が上がっているようです。

過去にはiPhone6sのA9チップが製造元によってスペックに差が出るといった問題も出ており、今回はストレージメモリの製造元によって起きてる可能性があります。

 

情報元:GSMArena

<文:研究員H>


iPhone7、ベンチマークはトップレベルだがバッテリーは…

総合性能を測定するベンチマークソフトとして有名なAntutuを使用したスマートフォンの測定結果が公開されました。

 

ベンチマーク1位iPhone7Plus、2位iPhone7

1004_iphone7_01

使用感はどっこいどっこいでしたが、やはりRAM3GBのiPhone7Plusは強し、僅かな差でiPhone7が2位でした。

iPhoneの下は日本で見慣れないスマートフォンですが、Le Pro 3、Xiaomi Mi 5sと続きます。

馴染みのないスマートフォンと比較しても分かりにくいですね。

 

1004_iphone7_02

こちらはiOS端末での比較になりますが、ちょうど先程のTOP10の下にiPhone6sPlusが並ぶ感じです。

掲載されていませんが、有名どころのGalaxy S7・LG G5・HTC10・Xperia X PerformanceはiPhone6sPlusよりも下になります。

 

前回のiPhone7 vs iPhone7Plusはかなりハイレベルな戦いを繰り広げていたようですね。

ではスマートフォン最強はiPhoneなのかというと…

 

バッテリーはTOP3入りならず…

1004_iphone7_03

こちらは厳選してiPhone7・Galaxy S7・LG G5・HTC10で比較した結果。

テスト方法は全て同じ条件で放電させ、フル充電後に3G回線を使用した通話及びネットを使い続けるというもの。

画面の明るさも同じにしています。

 

1004_iphone7_04

通話時間はGalaxy S7に2倍以上離され、トップのHTC10とは20時間近い差に!

ネットはそこまで差が出なかったものの、2時間以上開く結果に。

 

HTC10のバッテリー容量はiPhone7の1.5倍くらいなのですが、通話時とネット時の差を見るに、iOSは通話時の節電が苦手なんでしょうか?

iPhone7シリーズはiPhone6sシリーズよりもバッテリーの持ちが良くなっているのですが、こっちは小さな争いだったようで…

 

操作の快適性ならiPhone7Plus、通話を30時間したいならHTC10

通話時間で大きく離されたものの、最近は通話しない人も増えています。

それを考えれば通話時間の差は気にしなくても良いように思えるので、あとはネットブラウジング2時間の差が大きいと見るかどうかですね。

 

情報元:GIZMOCHINAwhich?

<文:研究員H>


RAMの差はあるのか!?iPhone7 vs 7Plus 速度比較

1003_iphone7_7plus

iPhone7のRAM容量は2GB、iPhone7PlusのRAM容量は3GBとなっています。

一般的にはRAMが大きい方がスマートフォンはサクサク動作すると言われています。

という事はゲームアプリなどを快適に行うならiPhone7Plusの方が良いということになるのでしょうか?

Appleが言うにはiPhone7Plusデュアルカメラを扱うにあたり、RAMを3GBにしたらしいのですが…

というわけで、速度比較を行った動画を紹介します。

 

いろんなゲームや測定アプリで検証

測定アプリの数値も出てますが、時々iPhone7が7Plusより高い数値を出してる時がありますね。

 

「16個のアプリを起動」を2周

1周目はほぼ互角、2周目でiPhone7Plusが10秒差で勝利。

10秒といっても16個分のアプリの合計なので、わずかな差と言って良いんじゃないでしょうか。

一度起動したアプリは2回目以降早くなるのですが、それがiPhone7Plusの方が優れた結果になりましたね。

 

もう誤差の範囲!

最初の動画を見てもわかるように、起動後の動作は概ね一緒であり、結果としては誤差の範囲って感じですね。

バッテリーの持ちもスペック上ではiPhone7Plusの方が良いとされていますが、概ね一時間程度。

なのでサイズとカメラを気にしなければiPhone7でも全然問題無さそうです。

カメラだって10倍ズームが不要ならば、背景ぼかしは手間を惜しまなければ既存のアプリでも可能です。

大小手に馴染む方をお選びください。

 

<文:研究員H>


iPhone7のシャッター音が大きいのは日本だけ!

Why!? Japanese iPhone!!

基本的には消したくても消せないiPhoneのシャッター音。

盗撮防止のために仕方が無いのかもしれませんが、スクリーンショットですらカメラ撮影と同じシャッター音がなって非常に迷惑。

そんなシャッター音がiOS10でさらに大きくなったと話題になっています。

加えてiPhone7/7Plusはステレオスピーカーの影響を受けてか、より大きくなっています。

「これはiPhoneの仕様だと思って諦めるしかない」

っていうのがiPhoneユーザーの認識だと思うのですが、実は「iPhoneの仕様」ではなく「日本のiPhoneの仕様」だそうです。

 

iPhone 7のシャッター音量がデカいのは日本版だけ!?(右が日本版です)

Engadget 日本版 Videoさん(@egjpv)が投稿した動画 –

 

さらに海外版のだとマナーモードスイッチでシャッター音も消音に出来るとの事。

日本のマナーが疑われてるということですかね…

 

iOS10ではシャッター音を無音化する裏技も発見されていますが、そのうち対策されると思います。

せめてスクリーンショット音は消せるか音を変えてくれるといいのですが…

 

情報元:Engadget

<文:研究員H>


【再放送】iPhone7Plus分解生放送!

iPhone7/7Plus発売から遅れること一週間、ようやくiPhone研究所にもiPhone7Plusが届きました!

というわけで今回も生放送を行いました!

まずはiPhone7と7Plusの性能比較。

0925_iphone7plus_03

カメラの性能比較。

どちらも可能な限りズームを行いました。

やはりiPhone7Plusの方がかなり大きく写りますね。

また、ベンチマークテストも行いましたが、RAMが3Gだけあり、iPhone7Plusの方が若干早かったですね(iPhone7は2G)

 

iPhone7の分解リベンジ!

0925_iphone7plus_01 0925_iphone7plus_02

すでにブログでは分解済みですが、前回の生放送では分解出来なかったiPhone7を再分解!

 

そしてiPhone7Plusの分解!!

0925_iphone7plus_04

開き方はiPhone7と同じ。

 

0925_iphone7plus_06

デュアルカメラ。

 

0925_iphone7plus_07

バッテリーもそうですが、バイブレーターもiPhone7と比べるとかなり大型化。

しかし大きいのとデュアルカメラがある以外、構造に大きな差がありませんでした。

 

分解後は…

0925_iphone7plus_08

ちゃんと戻せないと意味が無いですからね。

 

0925_iphone7plus_09

どちらも無事に起動しました。

その後、一台は社長の私物に、もう一台は他所で使用するため旅立って行きました。

 

もしかして今回もプレゼントを期待していたでしょうか? 残念ながらありません!

次回生放送は一年後のiPhone8(仮)でしょうか? それとも半年後に新SE?

お楽しみに!

 

<文:研究員H>


iPhone7Plus、iOS10.1で背景ぼかし撮影に対応

iPhone7Plusはデュアルレンズを搭載、最大10倍のズームや背景をぼかして撮影など、一眼レンズに迫る性能を誇ります。

――なんて話題のiPhone7Plusですが、背景ぼかし撮影にはまだ未対応なのを皆様ご存知でしょうか?

「そんな馬鹿な」って? 公式ページを見てみましょう。

 

0923_iphone7p_01

ほら、よく見てみると…

 

0923_iphone7p_02

 

iOS10.1ベータ版ではポートレートモードに対応

開発者向けにiOS10.1のベータ版が配信され、撮影モードにポートレートモードが追加されました。

9to5Macがポートレートで撮影している様子を公開しました。

 

0923_iphone7p_03

通常撮影モードの隣にポートレートモードが追加されています(写真ではPHOTOの下)

 

0923_iphone7p_04

ポートレートで撮影した場合でも通常の写真も保存する設定になっているので、見比べることが可能です(オンオフ可能)

 

0923_iphone7p_05

こちらがポートレートオフ。

 

0923_iphone7p_06

そしてこちらがポートレートモードで撮影されたものです。

 

背景がぼかされることで撮影対象が際立ってますね。

ただ、缶の蓋の部分も若干ボケてエッジが甘くなっています。

これは機能云々より、背景と缶の色が近いせいかもしれませんが。

 

0923_iphone7p_08

それと後ろのものにピントを合わせて手前をぼかすのを試みたようですが、こちらはあまり効果がなかった模様。

一瞬ボケたので、撮影環境や前述した色の絡みがあるのかもしれませんね。

 

情報元:9to5Mac

<文:研究員H>


iPhone7の国内初動は42%減?!

主要家電量販店ではiPhone7は奮わずか

IT Proによると、9月16日に発売されたiPhone7/iPhone7Plusの大手主要量販店における発売後3日間の販売実績が2015年9月に発売されたiPhone6s/iPhone6sPlusと比較して42%減と大幅に下落していたことが分かりました。

この現象について同サイトではブラック/ジェットブラックに需要が偏ったことやAndroidにおける低価格帯機種の台頭、さらにスマホ市場自体の低迷が影響したのではとしています。

ph1

ただ、このデータには各キャリア直営専売店やApple直営店での販売台数は含まれていない点に注意が必要です。

iPhone7Plusのジェットブラックは初回出荷分が予約のみで売り切れるなど明らかに大きな偏りがあるため販売実績は伸びずとも予約数で言えば恐らくiPhone6s/iPhone6sPlusを上回っていることでしょう。

<文:研究員A>

 


iPhone7が分解出来たのでiPhone7Plusの分解生放送します!

ついにiPhone7を分解!

前回放送時には、手持ちのドライバーで分解出来ないネジがあり、まさかの分解せずに終了という事になってしまいました。

その後、様々なホームセンターから工具専門店を回りに回って…

 

dsc_053601

新ネジを攻略できるドライバーを入手!

 

dsc_053701

基盤の取り出しに成功!

慣れない点を除けば難しい箇所は無かったかな、と。

 

ただ、SIMピンを刺す所に

sketch-147437441834601

こんなピンが入っています。

今まではレバー式だったのがノック式になったようです。

普通にiPhone7を使う分には問題無いでしょうが、分解すると簡単に外れて無くしやすいので注意です。

 

dsc_054401

液晶画面も全て外す事に成功!

新ネジさえ攻略できれば楽勝!

…と思ってたのですが、各パーツが両面テープ的な物で貼りついていて、今までのiPhoneと比べてもベッタリ貼り付いているので、慎重に剥がさないと端子を切りそうなので注意ですね。

 

改めて、「これでよく防水出来てるなぁ」というのが感想。

ホームボタンは「ピッタリはまってる」だけで、それ以外は旧iPhoneよりも無防備です。

他の部品もゴム(シリコン?)頼みな箇所が多く、Appleが言うように長期的な耐水性は無いかもしれません。

 

iPhone7Plus分解生放送、9月23日実施!

iPhone7を分解する事が出来たので、iPhone7Plusこそ生放送中に分解します!
というわけで無念のiPhone7生放送から丁度1週間後の9月23日 18時からiPhone7Plusの分解生放送を実施します。
今度こそ皆様のご期待に沿えるようスタッフ一同精進します…!!
<文:研究員H>


iPhone7、不具合報告多数

「ジェットブラックは指紋が目立つ・傷つきやすい」「総務省指定の文字がダサい」等の不満の声もありますが、「不満足」ではなく「不具合」です。

 

ノイズ音がする

iPhoneに負荷がかかると「サー」「ジジジ」といったノイズ音がするという報告が出ているようです。

実際にその音を録音したのがコチラ↓

Appleに問い合わせると交換対応をしてもらえるようですが、Appleが対策を取っていなければ、交換しても再発する可能性があるので注意が必要かもしれません。

 

発熱が凄い

使い続けているとかなり熱くなってくるそうです。

ゲームなどで負荷が掛かっているか、耐水使用の影響で排熱がちゃんと出来て無い可能性もあります。

Androidスマートフォンではよく聞く意見なので、仕様かもしれません。

ただ、前述したノイズ音等が関連している可能性もあります。

 

 

機内モード オン→オフにしても圏外のまま

飛行機に乗る時以外にも、通信状態の調子が悪い時などに使う人も多いのではないでしょうか。

しかしこれを行っても圏外のままになる症状が発生しているようです。

こうなった場合の改善方法としては、SIMの抜き差しか、機内モードをオフにして再起動等の方法で直るようです。

 

新EarPodsを使うとボタンが無反応に

イヤホンジャックの廃止に伴い、新たに同梱された「EarPods with Lightning Connector」ですが、これを使っていると、イヤホンのリモコンが操作できなくなるとの事。

「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」でも似たような症状が出てるとの意見もあるようです。

どちらもiOS依存なアイテムで、iOSのアップデートで改善する可能性があるそうです。

 

情報元:9to5MacMacRumorsBUSINESS INSIDER

<文:研究員H>

iPhone7にiPhone6/6sの液晶保護ガラスフィルムを貼った結果

iPhone7/7PlusとiPhone6シリーズは同サイズなので、もしかしたらアクセサリーが共用できるかも?

というわけで、実践編です。

 

iPhone7にiPhone6/6sの液晶保護ガラスフィルムを貼ってみました。

0920_iphone7_01

クリックすれば拡大画像が出ますが、クリックする前から端が浮いてるのがわかりますね。

イヤスピーカーのサイズ変更に伴い、スピーカー用の穴が大型化しているため、サイズが合わないかと思っていましたが、ちょうどピッタリなサイズでした。

 

今度は、今iPhone7に貼ったガラスフィルムを剥がしてiPhone6sに貼り付けてみました。

一度貼って剥がして貼り直すわけですから、先ほどより端が浮いてしまう可能性があるのですが…

 

0920_iphone6s_01

多少浮いてしまいましたが、iPhone7と比べればピッタリ貼りついているのがわかると思います。

 

以上の事からiPhone7のガラス部分はiPhone6sよりもカーブしてるという事が分かりました。

ただ、液晶保護フィルムも複数のメーカーから複数の種類が出ているので、相性の良し悪しはあると思います。

安物なら色々試してみるのも良いかもしれませんが、専用の保護フィルムを買うのが一番です。

 

dsc_052302

ちなみにこのタイプは上の穴の位置が異なるので注意です。

 

<文:研究員H>


iPhone7をイヤホンジャックが挿せるように改造(ネタ動画紹介)

0919_iphone7_01

「イヤホンジャックが無いとかありえない」

と不評の声も聞こえるiPhone7。

「だったら開ければいいじゃないか」

と、iPhone7をイヤホンを挿せるように改造した動画を紹介。

 

改造方法

0919_iphone7_02

まずはiPhone7を用意。

 

0919_iphone7_03

そして万力。

 

0919_iphone7_04

万力にiPhoneを挟みます。

 

0919_iphone7_05

そして電動ドリルで…

 

0919_iphone7_10

ドリドリドリドリ…

 

0919_iphone7_06

イヤホンジャックの完成!

 

0919_iphone7_07

ちゃんと3.5mmのものが挿さるのでしょうか?

 

0919_iphone7_01

挿さりました!

 

0919_iphone7_08

ちゃんとiPhoneは動くし…

 

0919_iphone7_09

音楽だって聞こえます!

ステレオスピーカーからな。

 

どうしてiPhoneは動作した?

イヤホンジャックを廃止して代わりに採用されたのはスピーカーではなく、大型化したバイブレーター気圧ベント

バイブレーターは着信以外に3D Touch、そして感圧タッチ式に変わったホームボタン用に搭載されています。

また、気圧ベントは本体内部と外部の気圧を調整するためのものだそうで。

どちらも耐水仕様にする為には欠かせないものです。

まあつまり、耐水仕様じゃなくなったり振動しなくなったりしますが、それ以外には大きく問題が無い箇所だったというわけです。

興味がある方は挑戦してみては?

 

<文:研究員H>


iPhone7耐久テスト動画紹介

発売して2日しか経ってないのに無茶な使い方をする人が出るわ出るわ。

「耐水テスト」「落下テスト」「擦り傷」を紹介します。

修理屋として先に言っておきますが、当然シチュエーションによっては壊れます。絶対マネすんなよ!

 

耐水テスト

まずはコップに水やジュースなどを入れてのテスト。

最後は分解して中を確認していましたが、浸水した様子も無く。

 

次は復旧率の悪さはトップクラスの海水。

こちらも無事でした。

防塵仕様なので塩の影響もなさそうです。

 

落下テスト

故障で多いのが画面割れですよね。

その落下にどれほど耐えられるのか…

思いのほか頑丈で、もちろんバックパネルに傷などはありましたが、ガラスや液晶は無事な模様。

3D Touchを搭載している端末は、強く押されるのを想定して作っているので、防塵仕様にもなってるiPhone7はタフなのかもしれません。

ただ、既にiPhone7を割った方もいるようなので、落とし方次第では割れる点に注意してください。

 

擦り傷・折り曲げ

落とす以外にもケースを着けずに他のものと一緒に扱ったらありえそうなシチュエーションですね。

まあ流石にカッターでやったら、こうなりますよね。

湾曲させたら画面が浮いてきたので、こうなると耐水性も大幅減なので、落下やケツポケットは注意してください。

 

人気のジェットブラックは果たして…?

本当は別の動画を紹介しようと思ったのですが、非公開になっていました。

袋に他の荷物と一緒に入れてたのですが、あっという間に傷がつき、他のカラーよりも目立つ結果に。

ジェットブラックを使う際はAppleのいうようにケースを使うか、バックパネル用の保護フィルムも貼るか、メガネ拭きのような素材で出来たスマホ袋を使用するのが良いと思います。

 

<文:研究員H>


【再放送】iPhone7を生放送で分解!―のはずが…

分解出来ませんでした!

0917_iphone7_02

流石に分解ミスってiPhone7破壊って事にはならなかったのですが、視聴者目線で考えればそっちの方がまだ面白かったと思います。

手持ちのドライバーで外せないネジがありました。

もちろん生放送で事故なんて起こってはいけないので、事前に可能な限りチェックをしてました。

 

0917_iphone7_01

AppleのiPhone7のページに既にヒントはあり、我々もY字(トライスクリュー?)型のドライバーは用意していたのですが、予想以上に小さくサイズが合わず…

 

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-7

画面を開いただけで終わってしまいました。

iPhone7は縦ではなく横に開く!

 

放送後

dsc_052801

なんとか手持ちの一番細いマイナスドライバーで外すことに成功!

しかし他の箇所にも複数使用され、この場所よりも外しにくかったので、断念。

 

dsc_053101

下部とカメラくらいしかバラせませんでした。

 

dsc_052901

フロントパネル側はインカメラ・イヤスピーカーの場所のみプラスネジで、あとはY字ネジでした…

 

(途中まで)分解した感想

iPhone6sと比較して、防水関係で大きく変化があるかと思いきや、見た目にはそれほど変わってない印象でした。

iPhone6sの時点で充分凄いのか、iPhone7用に見た目では分からない企業努力があるのかもしれません。

既に様々な防水テストを行っている人もいて、完全防水並みな耐水性を発揮しているようですが、あれは破壊覚悟で行っている人たちばかりです。

耐水性は徐々に弱まる可能性があるとの事ですので、一般の方はくれぐれも無茶な使い方はなさらぬように!

 

次回予告

iPhone7Plusは9/20~22に到着予定で、その際には再度放送を行う予定なので、そこでリベンジしたいと思います!

現在新しいドライバーも仕入れ中です!

次回「iPhone研究所大勝利!iPhone7Plus分解にレディ・ゴーッ!!」

 

…実は本日入荷したドライバーでも失敗したのですが。

 

<文:研究員H>


9/16はiPhone7/iPhone7Plusの発売日!分解生放送、敢行します。

ついに発売!…なので早速

img_0623

明日は世界待望のiPhone7/iPhone7Plus発売!

iPhone研究所でもiPhone7を発売当日に入手することができました(ネット経由で予約して本日発送済み)。

そこで明日9/16、18時より恒例になりました分解生放送を行ないます!

配信URLは当店TwitterFacebookでお知らせしますので是非チェックしてくださいね♪


iPhone7の液晶パネル写真を独占入手!

iPhone研究所独占リーク

いよいよ明後日に迫ったiPhone7/iPhone7Plusの発売ですが、当店独自のルートより実際の液晶パネルの写真を入手することができました。

s__31490067

※クリックで拡大

これまで上部に集約されていた端子類ですが、今回は下のほうにも配置されているようですね。

そしてホームボタンは画面と一体化してはおらず、従来と同様に物理ボタンが採用されているようです。

また、ステレオスピーカーを採用ということでイヤースピーカーが巨大化しているのが確認できます。

 

s__31490068

※クリックで拡大

正面から見るといつもと変わりませんね。

見た目はあまり変化は無くとも内部は結構変化している様子です。

 

発売当日に分解生放送を予定!

iPhone研究所では発売当日の9月16日にiPhone7の分解生放送を予定しています。

開始時間などの詳細については当サイトや当店Twitter(@iphonekenk)にて追ってお知らせいたしますのでお楽しみに!

<文:研究員A>


iPhone7ジェットブラックは5以来の黒いパッケージ!

ジェットブラックは久しぶりの黒いパッケージ

0913_iphone7_01 0913_iphone7_02 0913_iphone7_03 0913_iphone7_04

ブラックに続きジェットブラックのパッケージ画像がリーク。

ブラックと異なり黒いパッケージになっています。

 

dsc_052401

iPhone5まではブラックカラーが存在していた為、白と黒のパッケージが存在してましたが、iPhone5sからはブラック・ホワイトのカラーバリエーションが廃止され、パッケージは白で統一されました。

厳密にはiPhone5のパッケージは真っ黒ではない為、iPhone4s以来となります。

しかし差別化の為とはいえ「ブラック」の名を持つのに白いパッケージなiPhone7ブラックカラーはちょっと可愛そうですね…

 

他のパッケージや開封画像も

0913_iphone7_05

シルバー・ゴールド・ローズゴールドのパッケージもリークされています。

先ほども触れましたが、ジェットブラック以外は白いパッケージです。

 

0913_iphone7_06 0913_iphone7_07 0913_iphone7_08

こちらは開封画像。新EarPodsと変換コネクタは一緒にパッケージされてる模様。

イヤホン用のパッケージが紙製に見えますが、コストダウンの為でしょうか?

 

DSC_0393~01~2

ちなみにiPod Touchに付属のEarPodsのパッケージも紙製でした。

 

情報元:9to5MacMacX

<文:研究員H>


iPhone7Plusが出荷開始!パッケージ画像もリーク

アメリカに向けてiPhone7Plus出荷

0912_iphone7_06

MacRumorsがiPhone7Plusの出荷状況のスクリーンショットを公開しました。

アメリカでiPhone7Plusを予約した方が、配送会社UPSの追跡機能で確認したところ、9月11日に中国から出荷され、発売日の9月16日に到着予定になっている模様です。

 

パッケージ画像もリーク

0912_iphone7_04 0912_iphone7_05

こちらはWeiboにKK低调氏がアップしたiPhone7/7Plusのパッケージを撮影したもの。

パッケージに使われてるiPhone7/7Plusの画像は従来のものと異なりバックパネルを映したものになってます。

 

dsc_052201

これまでiPhoneのパッケージに使用されるiPhoneの画像は真正面がほとんどでした。

例外でiPhone4/4s/5が角度の付いた画像でしたが、やはり正面が映った画像が使用されていました。

 

gif_iphone7

一見本物っぽくない気もしますが、iPhone7は正面から見るとiPhone6とほとんど違いが無いのでバックパネル側にした、と考えれば自然かもしれません。

実際にAppleのホームページに使われてる画像もバックパネルを強調したものが多いです。

 

情報元:MacRumorsWeibo

<文:研究員H>


iPhone7の防水性能は?過信は出来ない「IP67等級の耐水性能」

「今までよく水没させてたので、スゴイ助かります!」
「今までお風呂場で使う時、袋に入れてたりしたので、これで気軽に使えます」

こんな喜びの声が上がっていますが、iPhone7は完全防水ではありません。

じゃあどのくらいのものなんでしょうか? Appleの公式サイトを見てみましょう。

 

iPhone7紹介動画

0912_iphone7_01

雨の中で使えることをアピール!

しかし動画のラストで…

 

0912_iphone7_02

Appleのロゴの後に、右下とかじゃなく中央にドンッ。

「多少は大丈夫だけど完全防水じゃないから自己責任でよろしく!」って事です。

 

iPhone7概要

耐水性能を組み込みました。
iPhone 7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。

0912_iphone7_03

「これまで以上に」って事はあくまで「今までのiPhoneよりは」という意味。

そしてやはりページ最下部には

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。

「最初大丈夫でもそのうち壊れるかもよ」と説明。

 

Appleはなぜ「防水」って言わない?

「防水」「耐水」に細かい定義は無いようですが、Appleは馴染みのある「防水」という言葉を使いません。

0912_applewatch

プールで使えるApple Watch SERIES2ですら「耐水」と説明しています。

Apple Watch SERIES2は水が入り込むのを防ぐことは出来ず、代わりに排出する機能を取り込んだそうです。

だから水ではなく水と呼んでいるのかもしれませんね。

 

…じゃあiPhone7の中にも入り込んでしまうのでしょうか?

詳細は分かりませんが、「防ぐ」ではなく「耐える」の文字を使ってるわけですし、水中使用はもちろん、お風呂場での使用も避けた方がいいでしょう。

 

<文:研究員H>


iPhone7/7PlusにiPhone6シリーズのアクセサリーは使いまわせるのか?

iPhone5と5sとSE、iPhone6と6s、iPhone6Plusと6sPlus、それぞれデザインがほぼ一緒ということでケースや保護フィルムが使いまわせるのがポイントです。

iPhone4と4sはマナーモードスイッチの位置が微妙に異なる為、ボタン用のスペースがしっかりしているものだと使いまわせませんが、そこに余裕があれば大丈夫です。

今まではナンバリングが変われば共有できないのが当然でしたが、iPhone7/7PlusはiPhone6シリーズと同サイズ、6s/6sPlusと比較した場合は小数点単位でも同じなんです。

もしかして流用できるんじゃ…?

と思い、今回はiPhoneの画像を使って検証してみたいと思います。

 

本体カバー・ケース

0911_iphone7_03 0911_iphone7plus02

こちら、それぞれiPhone7と6、iPhone7Plusと6Plusの画像を重ねたものです。

まあ公式発表前から分かってましたが、カメラサイズが大きく異なります。

ですがそれ以外は同一なのでカメラ部分の穴を拡大化できれば装着できると思うので、腕に自信がある人は加工を試してみてはどうでしょうか?

シリコンタイプなら加工しやすいと思いますよ。

ただサイズが同じと言っても、最下部はイヤホンジャック穴の有無で異なります。

一部のケースは必要な穴以外を完全に塞いでいる為、マイク穴やスピーカー穴を塞ぐ可能性がある点にも注意です。

 

液晶保護フィルム

gif_iphone7 gif_iphone7plus

こっちは画像重ねると分かりにくかったんでGIFアニメで。

エメラルド色の液体?が映っている方がiPhone7/7Plusです。

どちらもステレオスピーカーの影響か、スピーカー部分のサイズが大きく変わっています。

そしてそれに伴いiPhone7Plusはインカメラの位置がずれています。

 

dsc_052201

こういう穴が最小限のものならば使えると思います。

スピーカー部に多少覆いかぶさってしまいますが、大きな影響は出ないと思います。

 

dsc_052302

こういう穴が細かく開いているものだとiPhone7Plusは危険かもしれません。

また、スピーカー部の上に2つ穴が開いてますよね。

中央側にあるのが近接センサー、左側のは環境光センサー用の穴になります。

近接センサーはiPhone7でも位置は同じと思われますが、環境光センサーは肉眼で見つけるのは困難で、もしかしたらiPhone6シリーズからズレてるかもしれません。

環境光センサーは画面の自動明るさ補正に使われ、他にもiOS10の新機能にも使われる可能性があります。

 

あくまで目安に

※今回のは画像を使った検証なので、正確さや実用性を保証するものではありません。

もちろんiPhone7/7Plus用のものを買うのが一番ですが、最初は高かったりしますし、希望するメーカーのものが出るまでの「間に合わせ」などに検討してみては如何でしょうか?

 

<文:研究員H>


iPhone7Plus、デュアルカメラの片方には光学式手ぶれ補正が搭載されてない!?

0910_iphone7_02

iPhone7シリーズでは全てのモデルに光学式手ぶれ補正を搭載、iPhone7Plusは望遠レンズと広角レンズを合わせたデュアルカメラシステムが採用されることで話題を呼んでいます。

いずれ全モデルにデュアルカメラが採用されれば文句なしですが、iPhone7の詳細情報を発表前に公開したKGIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、デュアルカメラシステムはPlusシリーズのみ搭載となり、2017年に発売される「iPhone8」には搭載されないとの事です。

そしてそのレポートの中でiPhone7Plusのデュアルカメラについて気になるコメントがありました。

 

デュアルカメラは広角レンズのみ光学式手ぶれ補正を搭載

iPhone7Plusのデュアルカメラには望遠レンズにはあくまで一般的な手ぶれ補正を搭載、広角レンズのみ光学式手ぶれ補正を搭載している事に注意してください。我々は光学・デジタルズームの品質を大幅に向上させるために、デュアルカメラをアップグレードする際は望遠レンズも光学式手ぶれ補正を搭載すると確信している」

Appleは望遠レンズに光学式手ぶれ補正が搭載されて無い旨の発言はしてなく、イベントでもズームした写真も綺麗に撮れる事をアピールしていました。

真偽の程は分かりませんが、このコメントが本当ならば光学ズーム撮影は手ブレの影響を受けやすくなります。

 

情報元:9to5Mac

<文:研究員H>


予約開始!現在iPhone7Plusジェットブラックは11月出荷分に…

iPhone7/7Plusの予約開始!

0909_iphone7

iPhone7/7Plusの予約が開始されました。

一部キャリアはサーバーが落ちたり、Appleに至っては開始が数分遅れるなどもありましたが、今は問題無いようです。

Apple Storeでは、やはりiPhone7Plusの新色ジェットブラックが人気で、現在(9/9PM17:55)予約分は出荷日が11月となっています。

他のバリエーションも発売日当日分はほぼ終了、早くて9/20以降から2・3週待ちの状態です。

リーク情報通りの展開になりましたね。

iPhone7のシルバー・ゴールド・ローズゴールドの128GBはまだ余裕がありそうです。

 

発売日当日はレビュー予定!

0909_iphone7yoyaku

iPhone研究所でも無事に予約が完了しました。

入力作業に手間取り、iPhone7Plusは9/20以降になってしまいましたが、iPhone7は発売日当日予約が出来ました!

どちらもブラックの256GBです。

 

というわけで今回もやっちゃいます。

発売日に開封&分解レビュー

生放送で公開予定です。

いろんな意味で放送事故にならなければいいのですが…

 

情報元:Apple

<文:研究員H>


Apple、iPhone7のページを公開!9月9日予約開始、価格は72,800円(税別)から

0908_iphone7

AppleがiPhone7のページを公開しました。

予約日時は9月9日午後4時1分からで、日本円での価格も掲載されています。

 

iPhone7/7Plus価格

iPhone7 iPhone7Plus
32GB \72,800 \85,800
128GB \83,800 \96,800
256GB \94,800 \107,800

※価格は税別、ジェットブラックは32GBモデルは無し

 

付属品

・EarPods with Lightning Connector
・Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
・Lightning – USBケーブル
・USB電源アダプタ
・マニュアル

噂にあったAirPods同梱版はひとまず無し。

AirPodsは10月下旬発売予定だそうです。

 

情報元:Apple

<文:研究員H>


【速報】iPhone7/7Plus、9月16日発売決定!!

image2

AppleがスペシャルイベントにてiPhone7とiPhone7Plusを発表

 

crxigk1ukaahiml

――する前に公式Twitterでフライング発表してましたが、イベントでも発表されました!

 

発表内容

img_0623 img_0624

・カラーは新色に高光沢なジェットブラックとマットなブラックを追加、シルバー・ゴールド・ローズゴールドの計5色展開(スペースグレーは廃止)。

・ホームボタンは圧力センサー式

img_0597

・耐水防塵IP67

・カメラは光学式手ブレ補正、F1.8、レンズ6層構成、LED4基、1200万画素。

・インカメラは700万画素。

img_0606

・iPhone7Plusは1200万画素×2のデュアルカメラ搭載。ズーム強化。背景ぼかし。

・ディスプレイは25%明るく色もより鮮やかに。3D Touch対応。

img_0607

・ステレオスピーカー搭載。上下に搭載しているため、横向きで本領発揮。

img_0608

・イヤホンジャック廃止に伴い、EarPodsはLightningケーブル対応、イヤホンジャック変換アダプタも同梱

img_0609

・ワイヤレスイヤホンAirPodsも発表。完全コードレス

img_0613

・Apple Payの日本対応。FeliCa搭載でおサイフケータイ化に。

img_0618

・A10チップ搭載。iPhone6sから40%、iPhone6の2倍以上の性能。

img_0619

・バッテリー持続時間が6sと比較して2時間アップ、6sPlus→7Plusは1時間アップ

img_0621

・価格は6sと同じ。iPhone7は649ドル~、7Plusは769ドル~

・ストレージ容量は32GB・128GB・256GBの新ラインナップ(ジェットブラックは32GBは無し、16GB・64GBは廃止)

img_0629

・予約開始日は9月9日、発売日は9月16日。

・AirPodsは156ドル

 

ついに来ました!

軒並みリーク情報通りでしたが、「これは無理じゃない?」なんて機能も搭載されましたね。

 

情報元:Apple

<文:研究員H>


iPhone7のベンチマークが明らかに?6sから約30%アップ

日本時間で9月8日午前2時開催のAppleスペシャルイベントで発表が噂されているiPhone7。

その発表を目前に、iPhone等のCPU性能を測定するベンチマークアプリで知られるGeekbenchが、iPhone7の測定結果と思われるベンチマークを公開しています。

 

iPhone7、シングルスコア3379

0906_iphone7_bench

『iPhone9.3』とありますが、iPhoneの名称ではなく端末IDと思われ、iPhone6シリーズは『iPhone7.x』、iPhone6sシリーズは『iPhone8.x』でした。

以前にA10チップのベンチマークの測定結果が公開されましたが、その時の数値を上回っています。

去年発売されたiPhone6sと今年の春に発売されたiPhoneSEはシングルスコア約2,500で性能比は約30%。

2年前に発売された前ナンバリングのiPhone6はシングルスコア約1,500で約120%、つまり2倍以上の性能差となってます!

購入するのはiPhone6以前のユーザーがほとんどでしょうから、圧倒的な性能差を体感できるのではないでしょうか。

 

情報元:Geekbench

<文:研究員H>


iPhone7の新色はダークブラックとピアノブラック、詳細な仕様情報も

136369008

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏がiPhone7/7Plusの詳細情報のレポートを報告しているとの事です。

 

カラーバリエーション

新色のダークブラックとピアノブラックを追加、スペースグレーはラインナップから外れる。

シルバー・ゴールド・ローズゴールドは継続で、計5色展開。

 

CPU

TSMC製のA10チップを採用、周波数は2.4GHz

 

ディスプレイ

サイズ・解像度はiPhone6シリーズと同じだが、iPad Pro並みの色表現が可能。

性能がアップしたカメラで撮影された写真を綺麗に表現できるとの事。

 

カメラ

iPhone7Plusはデュアルカメラ搭載、iPhone7も性能アップ。

デュアルカメラは1200万画素の広角カメラと望遠カメラから構成、光学ズームやライトフィールドカメラアプリに対応。

光学式手ブレ補正に対応、6枚レンズ構成、LEDフラッシュの性能アップ。

 

メモリ・RAM

容量は16GB・64GBをラインナップから外し、32GB・128GB・256GBのラインナップに。

RAMはiPhone7が2GB、iPhone7Plusはデュアルカメラの制御の兼ね合いで3GBに。

 

イヤホンジャック関連

イヤホンジャックは廃止、全てのモデルにLightningコネクタ対応イヤホンとイヤホンジャック変換アダプタが同梱

イヤホンジャックを廃止し、外見はスピーカーが増設されたように見えるが、そのスペースには3D Touchの性能をアップさせるセンサーが搭載されるとの事。

受信機からの音声出力を高めるために、新しい内部アンプを追加。

 

その他

近接センサーが手を振る等のジェスチャー機能をサポート。

Apple Watchと同じIPX7等級(水深1メートルで最大30分間耐える事が可能)の防水。

耐水性能を上げた結果、サプライチェーンに影響を与え、総生産量が低下し、出荷数は6500万台(iPhone6sは8200万)に留まる。

 

ポイント

全てのモデルにLightningコネクタ対応イヤホンとイヤホンジャック変換アダプタが同梱」というのが最近の情報とは異なりますね。

有線イヤホンを廃止したAirPods同梱版が出るとの噂でしたが、選択肢として「全てのモデルに」という意味でしょうか?

また、ジェスチャー機能について、情報元の9to5Macは「確認されていない」とコメントしています。

それ以外は今までのおさらいと言った感じですね。

 

情報元:9to5Mac

<文:研究員H>


iPhone7もAirPods同梱版が登場か

0903_iphone7_01

iPhone7Plusに続きiPhone7のパッケージ

連日、iPhone7/7Plusの仕様が記載されてるものが公開されていますが、またもapple insiderからiPhone7のパッケージが公開されました。

 

0903_iphone7_02

容量256GBで、またしてもワイヤレスイヤホンAirPods同梱版です。

これで一旦『iPhone7PlusのみAirPods同梱』と言う説がなくなりましたが、はたしてEarPods同梱版とAirPods同梱版の2パターンが出るのでしょうか?

 

疑わしい点もあるが…

apple insiderは「紙製のパッケージの偽造は容易」とコメントし、公開した画像の怪しい点として、仕様が直接印刷ではなくステッカーである点、テキストが中央寄せである点を挙げています。

 

DSC_0514~01

こちらiPhone6sPlusのものです。

上に挙げられた点以外だと機種名が大きく書かれているかいないかの点が異なりますね。

ステッカーである点を疑問に挙げていましたが、去年発売されたiPhone6sPlusも今年発売されたiPhoneSEもステッカーです。

 

0903_ipadpro

また、テキストや機種名が大きく書かれている点も、iPhoneだと指摘があった通りですが、最近のiPad Pro等は機種名が大きく記載され、テキストも中央寄せになっています。

なので今回公開された画像だけで真偽を問うのは難しいですね。

 

情報元:apple insider

<文:研究員H>


iPhone7ではGIFアニメを完全サポート、価格情報もリーク?

0619_iphone7

iPhone7ではGIFアニメ再生可能に

最近iPhone7のリーク情報を挙げている@The_Malignant氏によると、iPhone7ではGIFアニメーションのネイティブサポートが行われるとの事です。

Androidユーザーからすれば「は?」という話ですが、iPhoneの標準写真ビューアーのカメラロールでは保存したGIFアニメの再生が出来ませんでした。

なのでこれまではメール添付で確認するか、対応アプリをダウンロードするしかありませんでした。

これがカメラロールで見られるようになるというものです。

現在ベータ版iOS10では確認されていない機能なので、iPhone7向けに新しいビューアーアプリを開発してると言うことでしょうか?

もし対応できたら容量の重いLive PhotosもGIFアニメ化で軽く出来ていいですね。

 

iPhone7/7Plusの価格は?

@The_Malignant氏は、Appleにとって世界最大の卸売り先であるLELEDAの内部報告書からの情報として販売価格もリークしています。

32 GB 5288 RMB (791 USD) → 約82,000円
128 GB 6088 RMB (911 USD) → 約94,000円
256 GB 7088 RMB (1060 USD) → 約109,000円

32 GB 6088 RMB (911 USD) → 約94,000円
128 GB 6888 RMB (1031 USD) → 約106,000円
256 GB 7888 RMB (1180 USD) → 約122,000円

iPhone6sとそんなに変わらなそうだなぁと思ってみてたら、過去の情報 完 全 一 致 してました(レートが変わってるので日本円は一致してません)

また、LELEDAは8月上旬に未発表のiPhone7の予約を開始し、Appleに怒られたのか、予約ページは削除されました。

情報元としてはグレーゾーン、それを第3者?がTwitterでリークしている為、信憑性は定かではありませんが、容量アップしつつiPhone6sと変わらない値段と言うことであれば非常にお得ではないでしょうか。

 

情報元:Twitter 1 2 3

<文:研究員H>


iPhone7PlusはBluetooth仕様のAirPods同梱!?

0902_iphone7plus01 0902_iphone7plus03

iPhone7の仕様書に続き、iPhone7Plusの仕様が記載されたパッケージの画像をapple insiderが公開しました。

匿名の人物からapple insider宛てに送られたそうです。

 

無線イヤホン同梱、変換アダプタは付属せず

0902_iphone7plus04

同梱物の箇所には「AirPods Wireless Earphones」との記載がされています。

前回の仕様書には無かった一文で、ワイヤレスイヤホンのAirPodsが同梱される模様です。

更に注目なのが前回の仕様書にあった「EarPods with Lightning Connector」と「Lightning to Headphone Jack Adapter」の記載がありません。

これが本物だとするならば、iPhone7Plusの同梱物は「ワイヤレスイヤホンAirPods」「Lightningケーブル」「USB電源アダプタ」に留まり、従来の有線イヤホンやイヤホンジャック変換アダプタも同梱されないと言うことになります。

有線派は別途Lightningコネクタ対応イヤホンもしくはイヤホンジャック変換アダプタの購入を余儀なくされます。

 

有線派涙目?

有線派を完全に切り捨ててます。

無線派が完全に有線を使わないかと言うとそんな事も無く、Bluetoothのバッテリーが切れた際の保険として対策が取れない仕様となってます。

さすがに酷すぎる気がするのですが、もしかしたら通常版とAirPods同梱版の2バリエーションで販売すると言う可能性もあります。

Bluetoothイヤホンも安価なものが増えてきてはいますが、質の良いものだとまだまだ高いですし。

0902_iphone7plus02

イメージ画像ですが、このデザインは無線派の研究員Hでも許容できません。

EarPodsのデザインぽろぽろ落ちるもん。

 

情報元:apple insider

<文:研究員H>


32GBの仕様書が流出&ヘッドホンアダプタ同梱?

32GB復活!

AppleInsiderによると、発売間近とされるiPhone7の32GB仕様書が流出したそうです。

18092-16212-32gb-iphone-7-l

さて、こちらがその仕様書とされる画像。

16GBが廃止となり32GBが復活という情報はどうやら本当のようです。

ちなみにその噂ではラインナップが32GB、128GB、256GBの3モデルになるということでしたが果たして。

 

さて、中を見て行きましょう。

内容物としてまずEarPods with Lightning Connectorという文字が確認できますね。

かねてからの噂通り、やはり3.5mmジャックは廃止され音楽はLightinig端子からの出力になるようです。

そしてもうひとつ。

Lightning to Headphone Jack Adapterという表記が確認できます。

18092-16213-Screen-Shot-2016-08-31-at-23603-PM-l

ということは、ひとまず現状の3.5mmプラグ採用機器が使えないということはないようですね。

ですが当然ながらLightning端子は1つしかありません。それはつまり充電しながら有線の音響機器を使うことは不可能ということ。

これがユーザーにどのような影響を及ぼすのか、どのような評価を受けるのかは発売されてみなければなんとも言えませんがやはり一定のユーザーの不評は買いそうですね…。

<文:研究員A>


iPhone7/7Plusのカメラの詳細?カラーはやはり5色か

9月7日(日本では8日)のスペシャルイベント開催が決まり、Macお宝鑑定団BlogがiPhone7/7Plusのカメラ・カラーバリエーションの情報を公開しました。

 

アウトカメラ

iPhone7のカメラは、これまでの1/3.2型CMOSセンサーから、1/3.06型CMOSセンサーに変更され、光学式手ぶれ補正も搭載されるとの事。

前回の情報ではiPhone7は1/2.6型センサーとなっており、情報が若干異なります。

iPhone7Plusのデュアルカメラは、iPhone6sPlusのセンサーを並列に並べた感じとなるようで、センサーサイズ等の変更はなされないとの事で、こちらは前回の情報と同じですね。

 

カラーバリエーション

0831_iphone7

スペースグレイはアルミ素材感を活かしたブラックに変更、さらにMac Pro (Late 2013)に似た美しい艶を持つブラックカラーが加わるとの事。

既存カラーのシルバー・ゴールド・ローズゴールドと合わせて5色展開になります。

 

情報に自信アリ?

Macお宝鑑定団Blogは最後に、「世界で最初に3.5mmヘッドフォンジャック非搭載になることなどを伝えてきました」とコメントしていることから、情報に絶対の自信を持っている模様。

さらに「その理由が間もなく語られることになりそうです」と意味深なコメントも残しています

 

情報元:Macお宝鑑定団Blog

<文:研究員H>


iPhone7/7Plusのスペック情報がリーク、ついに防水化?

0830_iphone7_01

中国のSNS・WeiboにてiPhone7/7Plusのスペックが記載された画像が投稿されました。

詳細は後述しますが、iPhone7の箇所に防水性能に関する記載がありますが、iPhone7Plusの箇所には記載がありません。

ただ、iPhone7Plusの方にはチップの情報も記載されてない事から、同じ情報は省略されている可能性もあります。

iPhone6s/6sPlusと比較

iPhone6s iPhone7
ディスプレイ 4.7インチ
(1334×750ピクセル)
4.7インチ
(1334×750ピクセル)
チップ A9 A10
RAM 2GB 2GB
バッテリー容量 1715mAh 1960mAh
カメラ 1,200万画素
1/3型センサー
f/2.2
1,200万画素
1/2.6型センサー
f/1.9
防水  – IPX7相当
iPhone6sPlus iPhone7Plus
ディスプレイ 5.5インチ
(1920×1080ピクセル)
5.5インチ
(1920×1080ピクセル)
CPU A9  –
RAM 2GB 3GB
バッテリー容量 2750mAh 2910mAh
カメラ 1,200万画素
1/3型センサー
f/2.2
デュアルレンズ
1,200万画素 × 2
1/3型センサー
f/1.9
防水  –

軒並みスペックしてますが、iPhone7はRAMが2GBのままなのが気になります。

進化したA10チップで充分差別化が図れると言うことでしょうか。

カメラはf値が下がっており、背景が良くボケたリアルな写真が取れると思われます。

そして気になる防水性能はIPX7相当。

Apple Watchと同等になりますが、Apple Watchは「耐水性能はあるが防水性能は無い」とAppleが説明している為、こちらも水中での仕様は想定されて無いと思われます。

細かいデータが出てますが、あくまでリーク情報なので注意してください。

情報元:Weibo

<文:研究員H>


Apple、9月7日にスペシャルイベントを開催!iPhone7の発表来るか?

20160907_apple_spevent

日本時間9月8日午前2時、イベントでiPhone7発表か

Appleが現地時間9月7日午前10時にスペシャルイベントを開催することを発表しました。

日本では9月8日(木)午前2時となります。

スペシャルイベントの様子は、iOS7.0以上を搭載したiOS端末でイベントページにアクセスすることでライブストリーミングを見られます。

もちろんイベントで一番気になるのはiPhone7シリーズの発表。

iOS10も発表され、早ければ同日にアップデートできるようになるのではないでしょうか。

他にはApple WatchやMacBook Pro辺りが発表が予想されています。

 

iPhone『7』に掛けての『7日』?

招待状に添えられたコメント「See you on the 7th.」は、素直に訳せば「7日に会いましょう。」という意味。

しかし十中八九iPhone『7』を意識した数字だと思われ、日にちもあえてこの日にした可能性が高そうですね。

はたして以前にティム・クック氏が語っていた『これ無しでは生きていけない』程の何かが見られるのでしょうか!?

 

情報元:Apple

<文:研究員H>


iPhone7/7Plusは品薄状態に? 9/16発売が濃厚?

iPhone7シリーズは6sシリーズより品薄か

Nikkei Asian Reviewは、iPhone7/7Plusは発売直後に品薄状態が続くと報じています。

「Appleが昨年からの発売スケジュール(9月中旬から下旬)にこだわっている場合、一部のサプライヤーはパーツの生産が追いつかず、供給が充分に出来ない場合がある」とiPhoneに精通している業界筋が語っていたそうです。

いわゆる歩留まりになっているのは、耐水性の上がったスピーカーと、iPhone7Plusに搭載するデュアルレンズ、どちらもiPhone7シリーズから導入される新しいパーツです。

生産数も前年比より減っていて、液晶パネルの発注数は前年比より20%も減っているようです。

新ナンバーのiPhone7がマイナーアップデートのiPhone6sより少ないとなると、特に人気カラーのローズゴールドや噂の新色は入手困難になりそうですね。

それでも発売日は9/16なのか?

以前に9月16日発売説を語っていたEvan Blass氏が、9月23日発売説を否定するかのように「私はこの日付(9/16)に非常に自信がある」と強調しています。

どっちにせよ、9月発売では充分な数の供給が難しいとされているので、予約開始日時はこまめにチェックしたほうが良さそうですね。

情報元:Nikkei Asian ReviewTwitter

<文:研究員H>


 

Apple、iPhone7のおサイフケータイ化を計画?

DSCF0860

Appleの事情に詳しい複数の関係者が明らかにした情報によると、AppleはiPhoneで公共交通機関の運賃支払いができる日本向け新機能を計画していると、Bloombergが報じています。

ソニーが開発し日本で普及している非接触ICカード技術様式「FeliCa」をiPhoneに搭載する事により、バスや電車の自動改札機に使用したり、おサイフケータイとして使用できるようになります。

 

iPhone7への搭載を計画

日本では「FeliCa」が主流ですが、海外ではApple Payに使用される「NFC Type A/B」の方が主流でした。

しかしNFC対応スマートフォンは2017年4月以降FeliCaを搭載する事が決定しています。

日本でのiPhoneの売上はAppleにとって重要なビジネスチャンスであり、9月発売予定のiPhone7への搭載を計画しているとの事です。

 

来期iPhoneまで見送る可能性も

日本の決済ネットワークとの協議がまとまらない場合は来年のモデル(iPhone8?)まで見送る可能性もあると関係者の1人は明らかにしているそうです。

この計画がいつから動き出しているのかは分かりませんが、来月16または23日発売が噂されるiPhone7への搭載は間に合うのでしょうか?

iPhone7はあまり目玉機能が無い印象なので、おサイフケータイ化してくれれば良さそうですね。

 

情報元:Bloomberg

<文:研究員H>


関連記事

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

1203_iphone6s_01
iPhone6sのシャットダウン問題、無償対象か確認方法

iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム

18866-18427-airpods-l
「AirPodsは数週以内に発売」ティム・クック氏がコメント

10月発売予定から発売延期をしたワイヤレスイヤホンのAirPo

mdn9142567
これで邪魔な直射日光をガード!iPhone対応サンバイザー

外でスマホを確認するとき、日向だったりすると日光が反射して画面が見えな

161130_iphone_storage-thumb-640x360-101943
iPhoneの空き容量を増やすならサイズの大きなゲームをDLしよう!

ライフハッカーにて面白い記事を見つけたのでご紹介。 iPhone

iPhone7s
【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格情報・スペック・発売日等まとめ

メニュー 25.Apple、iPhone8に

1128_iphone5_7
iPhone6s以外の端末でもバッテリーに不具合か

iPhone6sだけじゃない!? 最新iPhone7も? 突

screenshot_20161127-124237
遊戯王デュエルリンクス、最強のデュエリストと対峙する

どうも、決闘者Hです。 最初はメンテメンテで全然プレイ出来なかっ

19125-19080-nonsensestory2-l
1年越しの再会!帰ってきたiPhone4

AppleInsiderによると、昨年3月に誤って紛失したiPhone

iphone6s_pink
一部のiPhone6sがリコールにより無償交換対象に

発売から約1ヶ月間の端末が対象 Appleでは現在、iPhone6s

1122_iphone01
二つ折りはもう古い?三つ折りも出来るフレキシブルiPhoneの特許

AppleがOLEDディスプレイを使用した折りたたみ式iPho

→もっと見る

  • 2016年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑