*

 iOS 

Siriとお別れする日が来るかも。複数の特許侵害として訴訟へ。

公開日: : iOS, NEWS

siri-icon

Siriは人の家の子だった?!

1月20日、アメリカ・テキサス州の東部地方裁判所へ、iPhone4s以降が搭載する音声アシスタント機能「Siri」が自己の保有する3つの特許を侵害しているとした訴状が提出されました。

訴状を提出したのはDot 23という団体で、今回侵害されたとされる3つの特許はByard G. Nilsson氏が2002年~2007年の間に取得、その後、昨年9月にDot 23へ権利が移動したものです。

 

侵害の例として、Siriがユーザーのタップ操作に代わりナンバーをダイヤルすることや、音声によって位置を特定する技術があげられるとのこと。

つまり、音声アシスタントとしての根幹の部分が侵害であると。ただし、Appleが現在のSiriに用いている技術は特許として存在している技術の遥か先を行っているようですが。

Dot 23は本件で損害賠償を求めているようですが果たして。なお、まだ裁判官は決定していない模様です。

 

<情報元:AppleInsider

 

<文:研究員A>

関連記事

4インチ新型iPhoneの名称は「iPhone5e」?

2、3月あたりに発売が予想されている4インチiPhone。 名称だけでもいろんな噂があり、「i

記事を読む

iOS10は過去最高に脱獄が困難

Panguも手を焼くiOS10 Jailbreak M.I.C gadgetによると、iOS10の

記事を読む

2017年前半、iPhoneSEの後継機は出ないかも?

2017年前半はiPhoneの展開が厳しい? コンパクトサイズのスマホが減っていく中、2016

記事を読む

iPhone7にイヤホンを挿せる!iPhone7用ケース「FUZE」

イヤホンジャックが廃止になり、充電しながら音楽を聴くといった事が出来なくなったiPhone7。

記事を読む

iPhone7の素材は…えっ?アルミじゃないの?!

アルミボディの終焉… iPhone5から採用されてきたアルミボディですが、一部報道ではiPho

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑