iOS NEWS

Siriとお別れする日が来るかも。複数の特許侵害として訴訟へ。

siri-icon

Siriは人の家の子だった?!

1月20日、アメリカ・テキサス州の東部地方裁判所へ、iPhone4s以降が搭載する音声アシスタント機能「Siri」が自己の保有する3つの特許を侵害しているとした訴状が提出されました。

訴状を提出したのはDot 23という団体で、今回侵害されたとされる3つの特許はByard G. Nilsson氏が2002年~2007年の間に取得、その後、昨年9月にDot 23へ権利が移動したものです。

 

侵害の例として、Siriがユーザーのタップ操作に代わりナンバーをダイヤルすることや、音声によって位置を特定する技術があげられるとのこと。

つまり、音声アシスタントとしての根幹の部分が侵害であると。ただし、Appleが現在のSiriに用いている技術は特許として存在している技術の遥か先を行っているようですが。

Dot 23は本件で損害賠償を求めているようですが果たして。なお、まだ裁判官は決定していない模様です。

 

<情報元:AppleInsider

 

<文:研究員A>

-iOS, NEWS