オーディオ

価格破壊が止まらない。ドスパラからMMCXリケーブル可能なのに4,000円未満のイヤホン。

リケーブルのハードルがどんどん下がる

ドスパラが展開するブランド、上海問屋からMMCX端子採用でリケーブル可能なイヤホンが3,999円(税込)というとんでもない価格で発売されました。

mt2016012151-0

8mmダイナミック型採用イヤホンとしては4,000円というのは高くも安くもないかなという印象ですが、このイヤホンはなんと言ってもMMCX端子によるリケーブル可能であるというのがポイント。

上海問屋のMMCX対応イヤホンについては先日、<10mmダイナミック型採用>の物をご紹介しました。そのときは約12,000円だったのですが今回は約4,000円と3分の1。

ドライバのサイズが小さいので音の質は10mmよりも劣るでしょうが、何よりもケーブルによる音の変化をこの価格で楽しめるというのは近年のポータブルオーディオブームに更に勢いをつけることになりそう。

 

同社によれば「8mmドライバが耳のすぐ近くに設置されていて、サイズに余裕のあるハウジングは、高音・中音・低音がバランスよく広がるサウンドを届けます。」ということで、ドライバの小ささを活かしたハウジング内の響きによる音場の広さを期待できるのではないのでしょうか。

 

<製品仕様>

ドライバーユニット:8mmダイナミックドライバ
周波数特性:20-20, 000 Hz
感度:120dB SPL/mW
接続端子:3.5mmステレオミニ
ケーブル長:約1.2m
付属品:イヤチップ(S/M/Lサイズ)、専用ポーチ、マニュアル(英語・中国語)
製品保証:購入後 初期不良2週間

 

<製品ページ:上海問屋

<文:研究員A>

-オーディオ

関連記事