*

Twitterを中心にiPhoneをクラッシュさせるサイトリンクが蔓延中!!

公開日: : NEWS

bomb

リンク踏む→iPhoneクラッシュ

9to5MacによるとTwitterを中心に、アクセスするとiPhone等Appleデバイスのブラウザ「Safari」をクラッシュさせる悪質なサイトリンクが広まっているということです。

そのURLは「crashsafari.com」という目的そのままのドメイン。このサイトにアクセスしてしまうと、仕組まれたJavaScriptによって延々とURLを開き続けて負荷に耐え切れなくなったデバイスがクラッシュ。再起動してしまいます。

crashsafari

被害としては再起動だけで済むようですが、それまで開いていたタブはすべて失われるでしょう。

また、設置されているスクリプトの内容が複雑なものではないため、類似の悪質なサイトが今後増える可能性も考えられます。

 

 

短縮URLには注意

Twitterは文字数制限の関係で、リンクを貼る際には短縮URLが利用されることが多いです。そのためリンク先が「crashsafari.com」であると気づかずにアクセスして被害にあう例が増えているとのこと。

しかし短縮URLはTwitter以外の多くのサイト、SNSで利用されているためTwitterを利用していないからといって安心はできません。信頼の置けないユーザーの貼ったリンクには充分注意しましょう。

<文:研究員A>

関連記事

1年越しの再会!帰ってきたiPhone4

AppleInsiderによると、昨年3月に誤って紛失したiPhone4が1年の期間を経て戻ってきた

記事を読む

mineoのSIMを使っている方は要注意。一部iPhoneでiOS9.2を導入すると○○○が使用不可に

先日公開されたiOS9.2ですが、早速不具合の情報が入ってきました。  

記事を読む

【趣味の時間】ヘッドホンケーブルをMMCX端子でリケーブル改造!

どうもiPhone研究所の研究員Aです^^ 今回はちょっと趣向を変えてiPhoneでは

記事を読む

cheeroブランドの急速充電対応充電ケーブルが販売開始

cheero(会社名:ティ・アール・エイ株式会社)が10月23日(金)正午より、「cheer

記事を読む

初代iPhone、2Gネットワークサービス終了

AT&T、2Gによる携帯電話サービスを終了 2007年1月9日に登場した初代iPhon

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑