iOS

AppleがiOS端末向け長距離ワイヤレス充電技術を2017年にリリースする可能性が浮上

001

部屋に入れば勝手に充電できたり…

Appleがアジアのサプライヤーと協力して、2017年にiOS端末向けに長距離ワイヤレス充電技術をリリースするための開発に入ったようだとAppleInsiderが報じています。

ワイヤレス充電技術を開発するための大きな壁としては、やはり距離によるエネルギー損失が一番のネック。距離が離れれば離れるほど充電されるエネルギーが少なくなるためより多くの時間を要してしまいます。

この壁にAppleがいかに立ち向かうか、というのは明らかにはなっていませんが、今回の報道により多くの情報サイトがiPhone7で搭載と噂されていたワイヤレス充電機能の搭載はされないだろうという見解を示しています。

 

 

Appleは過去に、「iMacやそれに準ずるデバイスをハブとして、1メートル圏内のiOSデバイスを無線充電する」というワイヤレス充電に対する技術特許を申請したことがありました。

また、AppleWatchでも(充電パッドに触れている必要はあるものの)磁力を利用したワイヤレス充電を可能にしています。さらに、Androidにおいてはライバルのサムスンを始めとした多くのメーカーがワイヤレス充電技術の開発、搭載を行っています。

それらの技術を大きく凌駕した技術をAppleはたった1年で実現できるのかが注目されます。

 

<文:研究員A>

-iOS

関連記事