iphone7

iPhone7はより一体化したデザインになる?

iPhone-7-mockup

iPhone7は背面が進化する

iPhoneHacksによると、iPhone7では、iPhone6時代から不評だったアウトカメラレンズの出っ張りが無くなることに加え、アンテナとなっていた白色のラインを無くすようです。

 

背面カメラを本体に完全に収納

Appleはリアカメラに若干の進化を加えたようで、内部にレンズ機構をすべて収納して背面の出っ張りを解消するとのこと。

この出っ張りはケースをつけずに裸で使用している場合に、背面を下にして置くと安定しなかったり、見た目にも目立つためあまり評判はよくありませんでした。

 

アンテナラインを背面から撤去

iPhone5時代、アンテナは上下のガラス部分が担当しており、デザインにもマッチしてはいたのですがiPhone6では白色のラインに変更されました。

これはガラスの耐久性の低さや危険性を考慮した結果、背面の大部分をアルミにするための措置ではあったのですがどうしても見た目のスタイリッシュさに欠けるものとなっていました。

iPhone7ではiPhone6シリーズのアルミボディを継承しつつ、背面のアンテナラインを撤去、別の部分にアンテナの役割をさせるようです。

 

トップの画像はイメージに過ぎませんが、背面が同系色で統一されるととてもクールに見えますね。

<文:研究員A>

-iphone7

関連記事