*

Appleが中国でのあのサービスを再開。旧正月の効果を狙っている?

公開日: : NEWS

Chinapple

Appleが凍結していたサービスを再開

およそ1年前、Appleは中国市場でiPhoneの下取りサービスを開始しましたが、顧客の反応が思わしくなくサービスを凍結していました。

ですがこの度、その下取りサービスを再開するようです。

 

中国版のApple公式サイトでは新しいiPhoneを購入する際に中古のiPhoneを下取りに出すことで2,500元(約45,000円)を受け取れるようです。

Apple公式サイトではiPhone6sの16GBモデルが税込みで9万円強ですから単純に計算して新機種が50%近くOFFで買えるというわけですね。

これはなかなかのサービス。

 

 

でも実際はやっぱり…

なんでもかんでも2,500元なわけがありません。

現地報道では「iPhone 6 Plus」が2,200元(約39,600円)、「iPhone 5s」が950元(約17,100円)、「iPhone 4S」が300元(約5,400円)となっており、実情は厳しいようです。

それでも全く無いよりはマシですけども…。

 

 

なぜこのタイミングで?

中国のスマートフォン市場は、現地に多数のメーカーが存在しAndroidを中心として多くの機種が発売されているため飽和状態となっています。

その中での生き残り戦略として、また、中国がほぼ国ごと長期休暇に入る旧正月期間を控えておりこの期間の売り上げ促進を狙ってこのタイミングでの再開に踏み切ったと見られています。

この戦略が吉と出るのか、あるいは前回同様に芳しくない結果と終わるのかに注目が集まります。

情報元:CNET Japan
<文:研究員A>

関連記事

新旧融合のすっきりデザイン。iPhone7の新コンセプトデザインが公開。

iPhone7の新コンセプト。今回は… iPhoneのデザインコンセプト動画で知られる「Con

記事を読む

2016年は<福>は無し。Apple、LuckyBagの販売が無いことを公式に発表。

毎年恒例!…のはずが 年始の楽しみといえば福袋ですよね。さまざまな店舗が販売をしていて中を開け

記事を読む

1970年問題早くも終焉。Appleが今後のアップデートでバグを修正予定。

1970年問題、早くも解決 AppleInsiderによれば、先日ご紹介した「1970年問題」

記事を読む

iPhoneでマリオが走る!「スーパーマリオラン」

マリオの次のゴール、iPhoneです 日本時間9月8日午前2時に開催されたAppleのスペシャルイ

記事を読む

iOS10の新機能は75個!

先日初公開された、次期iPhoneに搭載されると思われるiOS10。 イベントでは主な

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

スマホ中毒には白黒が効く…かも

スマホ中毒は「ご褒美」のせい? 現代人の多くがスマートフォンを持って

iOS11の中古端末には注意?!リセットしてもアプリ情報が残るDeviceCheckとは

リセマラも不可になるかも 現在ベータ版が配信されているiOS11です

iPhoneの開発動機は「ジョブズがMicrosoftのある男性を嫌いだったから」

iPhoneの共同発明者が語る、iPhone開発秘話 現地時間6/2

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 102.Apple、

ジョブズはiPhoneにバックボタンを付けたかった

ジョブズの希望通りならiPhoneのメインボタンが2つだった?!

Appleのサプライヤー企業が台湾株式市場をリード

台湾株式市場で最も価値のある上位25企業のうち、7社がAppl

iOS11では無線LANの設定はカメラで撮るだけに!

iOS11はただQRを読むだけじゃない! 9月に配信されると

有料iCloudストレージの容量が倍増!

お値段据え置きで1TB→2TBへ Appleが有料サービスの

Appleのユーザー情報を販売したとして販売代理店の22名を逮捕―中国

業務で入手したユーザー情報を闇市で販売した疑い 中国の浙江省

2017年第1四半期の全世界スマートフォン市場は83%以上の利益をiPhoneが獲得

圧倒的比率 市場調査会社のストラテジー・アナリティクスによる

→もっと見る

PAGE TOP ↑