*

Appleが中国でのあのサービスを再開。旧正月の効果を狙っている?

公開日: : NEWS

Chinapple

Appleが凍結していたサービスを再開

およそ1年前、Appleは中国市場でiPhoneの下取りサービスを開始しましたが、顧客の反応が思わしくなくサービスを凍結していました。

ですがこの度、その下取りサービスを再開するようです。

 

中国版のApple公式サイトでは新しいiPhoneを購入する際に中古のiPhoneを下取りに出すことで2,500元(約45,000円)を受け取れるようです。

Apple公式サイトではiPhone6sの16GBモデルが税込みで9万円強ですから単純に計算して新機種が50%近くOFFで買えるというわけですね。

これはなかなかのサービス。

 

 

でも実際はやっぱり…

なんでもかんでも2,500元なわけがありません。

現地報道では「iPhone 6 Plus」が2,200元(約39,600円)、「iPhone 5s」が950元(約17,100円)、「iPhone 4S」が300元(約5,400円)となっており、実情は厳しいようです。

それでも全く無いよりはマシですけども…。

 

 

なぜこのタイミングで?

中国のスマートフォン市場は、現地に多数のメーカーが存在しAndroidを中心として多くの機種が発売されているため飽和状態となっています。

その中での生き残り戦略として、また、中国がほぼ国ごと長期休暇に入る旧正月期間を控えておりこの期間の売り上げ促進を狙ってこのタイミングでの再開に踏み切ったと見られています。

この戦略が吉と出るのか、あるいは前回同様に芳しくない結果と終わるのかに注目が集まります。

情報元:CNET Japan
<文:研究員A>

関連記事

iPhone7、2016年発売予定か。フロントフル液晶?こんにゃくのように曲がる?大胆予想

すでに各所で予想が行われているiPhone7。Apple社が1年に1度新機種を発表し、2年に

記事を読む

iPhoneSE(仮)の新情報が無いので旧機種情報を振り返る

iPhone6c?5se?SE?情報プリーズ! 上の画像はMartin Hajek氏が今までの

記事を読む

その存在は唯一無二。4インチiPhoneは一匹狼?

4インチiPhoneはナンバリング無しか 9to5Macによると、iPhone5seで決定した

記事を読む

一足先にダークモード、iOS版Twitter夜間モード対応

黒ってカッコいいですよね。 iPhone7はブラックカラーが出るとの噂ですし、今秋実装

記事を読む

iPhone6c、価格は48,000円。iPhone6sの半額から買えるかも!

<ued361.com>によると、iPhone6cの価格は$400~$500になるとのことで

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑