*

 iPhone 

iPhone7の素材は…えっ?アルミじゃないの?!

公開日: : iphone7

toto

アルミボディの終焉…

iPhone5から採用されてきたアルミボディですが、一部報道ではiPhone7は新たな素材になるとか。一体何に…?

 

まさかのセラミック!!

iPhone-7-mockup

もう一度いいます。「セラミック」です。陶器です。もしくはそれに準ずるものだと。

情報元によれば、サプライヤーからの情報としてiPhoneはセラミック、もしくはそれに近い素材になり、それが早ければiPhone7/iPhone7Plusで実現するということです。

確かにセラミックは焼き物でありながらかなりの強度を持ち金属より軽く、電波を吸収しづらいものもあるため、アルミボディの欠点として挙げられた「湾曲」や「アンテナを別に設けることが必須」とう悪条件をクリアできる素材です。

情報元ではその他に、液体金属を利用する可能性も示唆しています。

 

 

実際どうなんだろう…

しかしセラミックというとトイレや食器のイメージが強く、どうにも強度面で不安に考えてしまうのは私だけでしょうか。

アルミは割れることはまずありませんがセラミックは割れます。落下による故障が増えるような気がして、修理稼業としては期待もありつつ少し怖い気もします。

 

<文:研究員A>

関連記事

10月31日でiPhone4などのサポートが終了へ

ついに全てのiPhone4がサポート終了へ Macお宝鑑定団が、今月10月31日をもってiPh

記事を読む

バッテリー寿命を延長する保護フィルム「テラフィルム TR」

最近、iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったという話を良く聞きます。 対策としてはモバイル

記事を読む

バンダイ、スマホで「ランカ」や「シェリル」と対話できるサービスを期間限定配信

株式会社バンダイは、グループ企業である株式会社VIBEの提供するスマートフォン用技術「CHA

記事を読む

iPhone7はタッチ操作さえ必要ない…?Appleが「アイトラッキング」に関する特許を取得

iPhone7は「ユーザーの目を見る」 Apple社が次期iPhoneとして発売するとされ

記事を読む

iPhoneでもYoutubeの3D動画が見られる!

どうも、研究員VR――もとい研究員Hです。 VRコンテンツもいろんなメディアで取り上げられるよ

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑