オーディオ

【人気DAP】AK120に2.5mmバランス出力端子を付けてみました。【改造】

1つ改造が終わると2つ「これやってみてくれない?」といった意見が入ってくるようになってきました。

 

iPhone研究所 所長です。

 

さて今回は、調べるとWebでもカスタム代行を行っている方というか業者もあるようですが、2.5mmバランス出力端子を増設するというものをやってみようと思います。

最近弄くってばかりなAK120ですが、こちらの後継機AK120Ⅱには最初から備わっている機能ではありますがその為に機種を変えるのもあれですし、折角小型に収まっているAK120を徹底的に使い込もうという事で。

2016-02-06 10.08.45

2.5mmジャックです。

国内でも売っていたのですが、別件で輸入する必要があったので一緒に購入しました。20個セットとかだったので余った分の使い道は後日・・・

 

1.3.5mm光デジタル入力端子を取り除く

2.5mm-1

増設とは言いましたが、口を増やせる余裕はなさそうなのであんまり使わなさそうな3.5mm光デジタル入力端子を取ってしまって、そこに2.5mmジャックを載せ替える事にしました。

取り外したパターンから流用できれば便利かとは思いましたが、ピンアサインが全然違うので断念。接触してもあれなのでマスキングテープで絶縁してあります。

 

2.本体のLR出力から直接配線する

2016-02-06-13.11.25

残念ながらこちらの情報元より「作業を公開するのは構わないけど、どこからどんな風に配線しているのか載せるのはNG」との事でそこは隠した状態の基盤を。

かなり細かい場所ではありますが、経験者であればそんなに苦でもない場所でした。配線するのに必要な配線は余裕を持って各4cm x 4本で足りると思われます。

 

3.完成

2016-02-06 13.32.46

 

最初から2.5mm端子のケーブルを持っていなかったので変換ケーブルも作成しました。2.5mmジャックのピンアサインが特殊すぎて配線しながらメダパニ状態ですね・・・

 

感想

折角左右で個別にDACチップが載っている贅沢DAPなので、前からやってみたかったバランス出力を行ってみた感想は圧巻の一言。機器の性能が2つか3つは上がったのでは無いでしょうか。

低音の沈み込み、分離具合、伸び、空間と全てが心地よくすんなり入ってくるようになりました。

これはお隣の標準ジャックには戻れないかもしれません。残しておいたのは家の環境では3.5mm光デジタル出力を使用して聴いていたりするのもありますし、標準のイヤホン、ヘッドホンが刺さらないのはちょっと違うよなとも思ったので迷わず入力側を犠牲にしました。

出力が2つになる感じにはなりますが、音量は一緒に上下しますが普通の3.5mmジャックと2.5mmジャック両方で音がなることになります。イヤホンの聴き比べやケーブルの違いを調べたい場合などには重宝するのではないでしょうか。

注意点としては、2.5mmジャックには再生中に抜けた場合に勝手に再生を停止する機能が使えなくなります。あまりいないとは思いますが、ケーブル引っこ抜いて停止させてた人は気が付くと電池切れに陥る可能性がありますのでお気をつけ下さい。

 

いつかこの辺をiPhone研究所で作業として請け負えるように日々精査しています。

ご希望の方がいればTwitterLINE@でお伝えいただければその分実現が早くなりますので気になる方はお気軽に話しかけてください☆

 

 

 

-オーディオ

関連記事