iphone7

さよならチップ格差!!iPhone7のチップはTSMC製のみ!

Tsmc

iPhone7のAナンバーチップはTSMCが単独生産

AppleInsiderが、AppleはiPhoneのメインチップであるAナンバーチップの生産を、長年のパートナーであったサムスンではなくTSMC単独で生産させるようだと報じました。

 

iPhone6s発売時の騒動が原因か

現状の最新機種であるiPhone6s/iPhone6sPlusはA9チップを搭載していますが、このA9はサムスン製とTSMC製が存在しました。

両社のものに差が全く無いのであれば一切問題は無かったのですが…残念なことに大きな差がありました。それは「消費電力」。

 

スマートフォンは高機能とサイズを両立させるためにどうしても消費電力が高くなってしまい、所謂ガラケーに比べると使用可能な時間はかなり短くなってしまいます。

それなのに、サムスン製はTSMC製よりも消費電力が高く、使用可能時間が短いことが判明したのです。

そのため、iPhone6s/iPhone6sPlusは発売直後から炎上。サムスン製は「ハズレ」、TSMC製は「アタリ」と呼ばれ、ネット上ではユーザーの歓喜の声や阿鼻叫喚が聞こえていました。

Appleも通常使用に影響するほどではないとしながらも、消費電力の差を認めています。

 

そんな騒動が起きてからの今回の報道。TSMC製一本に絞ったのはこの呷りを受けたのはほぼ確実でしょう。ユーザーにとっては朗報ですね。

<文:研究員A>

-iphone7

関連記事