iOS

1970年問題!1月1日にiPhoneが使えなくなります。

注意:今回紹介するものはiPhoneが使えなくなります。
実際に行って使用出来なくなっても一切の責任を負いません。

1970iphone

iPhoneの時間設定を1970年1月1日に設定後に再起動すると、iPhoneが使用できなくなるバグ技が発見されました。

 

手順(絶対押すなよ!)

19700101
設定一般日付と時刻自動設定をオフにして、日付を1970/01/01に変更する。

その後iPhoneを再起動すると、最初は通常通りAppleロゴが表示されますが、そこからフリーズしたままになります。

解決策は無いそうです。

 

Youtubeに検証動画がアップされているので、怖いもの見たさは動画までで我慢しといてください。

見ての通り、かなり手間な作業なのでうっかりやる事は無いと思います。

 

なおiPhone以外でも、A7以上のプロセッサを搭載したiOS端末で発生します。

研究員Hもスクリーンショットを取るためにiPod Touchで日付を変えましたが、スクリーンショットを撮るつもりで長押しすると再起動しちゃう恐怖がありました…

 

「2000年問題」ならぬ「1970年問題」?

「2000年問題」とは、ザックリ言うと、年月日の年設定が二桁でしか設定出来ない機械が、1999年(99)から2000年(00)になった時に、00を1900年として扱い、機械に不具合が出るのでは?という問題。

実際はたいした騒動にならずに済みましたが、まさか1970年にこのような騒動が起きるとは…

というか、なんで日時設定でそんなありえない年に設定できるのか謎ですが。

 

…いっちょやってみっか!

というわけで、iPhone研究所でも実際にiPhoneでこの方法を試して、復旧出来ないか試してみようと思います。

こういう時って修理屋は便利ですね。

 

情報元:Reddit

-iOS

関連記事