iOS

1970年問題早くも終焉。Appleが今後のアップデートでバグを修正予定。

1970iphone

1970年問題、早くも解決

AppleInsiderによれば、先日ご紹介した「1970年問題」をAppleが公式に認め、近日中のアップデートで対策を行う予定であると明かしたとのことです。

ちなみに、前回の報道では「1970年1月1日」で発生するとのことでしたが、どうやら「1970年5月以前」の日付で発生するそう。

いぜれにせよAppleが対応するならiPhone研究所で対応策を考えるまでもなさそうですね…。

イタズラじゃすまねえぞ…

このバグが公になってからというもの、AppleCareに入っているからと言ってわざとこのバグを試してAppleStoreに持ち込む人や、ショップのホットモック(デモ機)でこのバグを引き起こす悪質な行為が増加していてAppleStoreの店員が頭を抱えていたとか。

通常、まずやることのない手動時刻設定。それも1970年というまず設定しないであろう日付のため、通常ならば無視もできるバグであったのでしょうが、Storeにしわ寄せができているとなればAppleとしても対策をせざるを得なくなったのでしょう。

皆さんはわざとバグによるクラッシュを引き起こすのはやめましょうね。まして店頭のデモ機はショップの資産です。故障させれば器物損壊にあたる可能性も充分ありますから。

 

<文:研究員A>

-iOS

関連記事