iOS

エラー53問題、終結へ。

error

エラー53問題についてAppleが公式に謝罪、対処法を公開

AppleInsiderによると、先日から話題となっていた「エラー53問題」についてAppleが公式に謝罪し、修正バッチを組み込んだiOSを配信しました。

Appleの声明では、「このエラー53は工場出荷時にTouchIDの動作チェックを行うために組み込んだもので、ユーザーに影響を及ぼすことを意図したものではなかった」としながらも、iOS9.2.1の改良版を配信開始しました。

この改良版iOSではエラー53に引っかかることなくiOSの復元が可能とのことですが、PC経由での復元が必須の模様。手順は以下の通り。(サポートより)

 

エラー53の対処方法

1.PCのiTunesを最新版にしておく。

2.iPhoneをPCに接続。

3.概要画面から「iPhoneを復元」する。

4.完了したら初期設定が必要になるので行う。ただし、TouchIDの設定は「後で設定」を選択すること。

以上。

もし途中でエラー53が出てしまったら、スリープボタンとホームボタンを同時にAppleロゴが表示されるまで長押しして強制再起動をしてから再度試して欲しいとのこと。

また、他のエラー番号が表示された場合にはそのエラー番号のヘルプにしたがって対処法を試すように、とのことです。

注意したいのは、エラー53が出ないからといって、交換されたホームボタンでTouchID機能が復活するわけではないということです。

飽くまでもiPhoneが使えなくなる事象が解決しただけ。TouchIDの機能を復活させたい場合にはAppleの正規修理店で端末を交換するしかありませんのでお気をつけください。

<文:研究員A>

-iOS

関連記事