オーディオ

【人気DAP】AK120にTCXOクロックと回路を組み込んでみました。【改造】

趣味というのは個人の欲望をどれだけ満たすかというものであって、

お値段や性能だけで語るものではない。

 

 

と思ってますがいざ手にして堪能するとなんというかこう、語らいたいですよねぇ!

 

iPhone研究所 所長です。

 

さて、根強い人気の音楽プレイヤー「AK120」ですが、今回はこんな事をやってみたいと思います。

imgres

 

DAI(Digital Audio Interface)の昇圧。ノイズの少ない電源を作ろう!

WM8804という部品が使われていますが、これの駆動電圧は最大5Vに対してこれは調べると3V。丁度いいくらいはあるんでしょうけど少しだけ盛ってみてどうなるか調べてみたいと思います。

折角なので色んな所を回ってきた汚れた?電源じゃなくて綺麗な電源を作って入れてみます。

 

クロックをTCXO 12.000MHz ±2.5ppmに換装

元々入ってたクロックが12.000Mhzという以外の情報がありません。S252という刻印があるように見えますが調べても該当なし。

ppmというのはパーツ・パー・ミリオンの略で,百万分率のことです。低いほど誤差が少ないことになりますが、そもそも数値だけで語ってはダメな部分もあるようで細かいお話はジッターノイズとかその辺で検索してみてください。

元々のパーツが水晶振動子でTCXOは水晶発振器。似ているようですがスルッと交換して動く部品ではないのでポン付けは出来なさそうです。

 

1.回路を妄想する。

回路

 

NJM2863F33というローノイズ低飽和型レギュレータを使った回路です。

もっとマシな図があるんでしょうけどこの辺の知識は全然ないと言っても過言ではないのでこれでも頑張った方です・・・

 

2.作ってみた

PICT0022

汚い感じに仕上がっています。言い訳としてはとても小さいんですこれ。

2016-02-15 18.25.13

比較用

 

3.電源を貰えそうな場所を探して回路を組み込む

2016-02-17 15.22.52

 

色々検証してみたのですが、クロックやDAIのある場所から取った電源では何かしら問題が起きるので反対側のここをチョイスしました。もしかしたらもっといい場所があるのかもしれません。

 

4.配線する

2016-02-17 15.23.20

個人的には嫌いじゃない見た目ですが、クロックは配線を伸ばしてしまうとそれだけで性能が落ちるとか聞いたことがあるので完璧ではないのかも知れません。とりあえず動いてくれればいいやということで組み込んでみます。

蛇足ですがクロックを外したまま再生をしてもプレイ時間が0:00のまま進まなくなります。配線ミスや欠落の場合もこうなるので気をつけましょう(結構やった)

 

5.テスターで欠落、短絡がないか調べる

これはiPhoneの修理でも一緒ですが、くっついてはいけない場所にくっついてないか、くっついてないといけない場所がくっついてるのか調べます。この状態でバッテリーを接続して電源を入れて、思った通りに電気が流れているか調べてもし予定外の動きをしたとわかった瞬間にどこか壊れる前にバッテリーを引っこ抜くという対処ができるようにします。

大丈夫そうだったので元に戻して実際に動かしてみます。

 

動いた!!!

 

なんか感動しました。

結果としてはクロックが変わった分解像度が上がり、微々たるレベルですが昇圧した分低音の押しが強くなったのではないでしょうか。

検証用にもう1台同じ機種があるのでそちらと聴き比べますと・・・うーん。違う(気がする)

電源を拝借する場所もクロックの取り付け方にしても問題は山積みですが、こんな事もできましたという事でした!

 

そろそろ飽き・・・そんなに改造してもアレなので次回次々回くらいでラストになると思います。

「こんなのやってる人がいた!やってみて!」というのがありましたらじゃんじゃん教えて下さい。壊れるまでやります

 

-オーディオ