iphone7

iPhone7の形状について押さえたい3つのポイント

iPhone-7-mockup

iPhone7の大きな特徴は3つ

9to5Macが報じるところによると、iPhone7の筐体には、大きな特徴が3つあるようです。

発売は9月とされているため、情報の真偽は定かではありませんが重要な噂として押さえておきましょう。

 

ポイント1:更に薄く

世代を更新するたびに薄くなるiPhoneですが、採用している端子等の関係でiPhone6sの7.1mmより薄くするのは困難かと思われていました。

しかし、ご存知の通りiPhone7は3.5mmイヤホンジャックを廃止するという説が濃厚です。そして、それにより更なる薄型化が可能に。

今回の情報では更に1mm薄く、6.1mmになるとのことです。

 

ポイント2:スピーカーはステレオ

iPhoneの下部のスピーカーは、これまでモノラルでした。ところがiPhone7ではステレオスピーカーになるようです。

ただ、正直なところLR間の距離が近くなるでしょうからステレオの恩恵をどの程度感じられるのかという疑念は残ります。

 

ポイント3:Lightning端子も薄く?!

最後の大きなポイントとして、薄型化のためにLightning端子も薄くなるとのこと。

「え!じゃあケーブルまた買うの!?」と思った皆さん、ご安心を。

コネクタ自体は変更されず、飽くまでも受け側の変更のみなので現在のケーブルはそのまま利用できるそうです。

 

その他の細かい情報としては、筐体はiPhone6/6sを踏襲したメタルデザインで、防水機能は搭載なし(ただし引き続き防滴程度の機能は維持)とのこと。

しかしながら、冒頭でも書いたとおりこの情報は飽くまでも噂です。9月までにまだまだ多くの情報が錯綜することであろう点には注意が必要です。

<文:研究員A>

-iphone7