iPhone7s

有機ELディスプレイは2017年のiPhone7sから?

有機EL

有機EL搭載は前倒しへ

随分前の話ですが、iPhoneに有機ELディスプレイが採用予定という記事をご紹介しました。

その際の情報では2018年のiPhone8からということだったのですが、AppleInsiderの情報では来年2017年に登場するであろうiPhone7sで採用される見込みのようです。

 

発注はどこに?

気になる有機ELディスプレイの発注先ですが、Appleサイドでも右往左往していた様子。

大手であるサムスンやLGはもちろん、その他サプライヤーへも「1年前倒しで供給可能か」といった打診を行った結果、やはりサムスンが一歩抜きん出ているのが現状のようです。

なにせサムスンが展開するAndroidスマホ「Galaxy」シリーズは古くより有機ELを採用していますからね。

 

さて、Appleがなぜ前倒しの決定をするに至ったかですが、有機ELは「省エネ」「薄い」という大きな特徴があります。

Appleは年々とiPhoneを薄型化することにこだわっているのは皆様ご承知の通り。そして薄くなればバッテリー容量が小さくなるので電池持ちが悪くなります。省エネ対策は必須。

となればAppleがいち早く有機ELの採用をしたいと考えるのは当然のことに思えます。

では何故これまで採用を見送ったのか。それはやはり液晶よりもはるかに高コストだからでしょう。しかし近年は技術の進歩によりコストは低下しつつあります。

(もっとも、パーツコストが下がったからと言ってiPhoneが安くなるわけではないでしょうが…。)

 

ともかく、iPhoneに有機ELディスプレイが採用されればユーザーは電池持ちを今ほど気にすることはなくなるのではないでしょうか。

この報道が事実であることに期待したいですね。

<文:研究員A>

-iPhone7s

関連記事