*

有機ELディスプレイは2017年のiPhone7sから?

公開日: : iPhone7s

有機EL

有機EL搭載は前倒しへ

随分前の話ですが、iPhoneに有機ELディスプレイが採用予定という記事をご紹介しました。

その際の情報では2018年のiPhone8からということだったのですが、AppleInsiderの情報では来年2017年に登場するであろうiPhone7sで採用される見込みのようです。

 

発注はどこに?

気になる有機ELディスプレイの発注先ですが、Appleサイドでも右往左往していた様子。

大手であるサムスンやLGはもちろん、その他サプライヤーへも「1年前倒しで供給可能か」といった打診を行った結果、やはりサムスンが一歩抜きん出ているのが現状のようです。

なにせサムスンが展開するAndroidスマホ「Galaxy」シリーズは古くより有機ELを採用していますからね。

 

さて、Appleがなぜ前倒しの決定をするに至ったかですが、有機ELは「省エネ」「薄い」という大きな特徴があります。

Appleは年々とiPhoneを薄型化することにこだわっているのは皆様ご承知の通り。そして薄くなればバッテリー容量が小さくなるので電池持ちが悪くなります。省エネ対策は必須。

となればAppleがいち早く有機ELの採用をしたいと考えるのは当然のことに思えます。

では何故これまで採用を見送ったのか。それはやはり液晶よりもはるかに高コストだからでしょう。しかし近年は技術の進歩によりコストは低下しつつあります。

(もっとも、パーツコストが下がったからと言ってiPhoneが安くなるわけではないでしょうが…。)

 

ともかく、iPhoneに有機ELディスプレイが採用されればユーザーは電池持ちを今ほど気にすることはなくなるのではないでしょうか。

この報道が事実であることに期待したいですね。

<文:研究員A>

関連記事

FBI「何も発見できなかったのは良いこと」

やはりiPhone5cからは何も出なかった 9to5Macによれば、FBIはサンバーナーディー

記事を読む

キーボードアプリSimeji、サンリオハローキティとのコラボを発表-バイドゥ株式会社

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区)と株式会社サンリオウェーブ(本社:東京都品川区)は、キーボードア

記事を読む

【一気読み!】iPhoneSE関連ニュースまとめ

メニュー 48.iPhoneSEでBluetooth通話をするとロボット声

記事を読む

リアルタイム翻訳が楽しい!進化した「Google翻訳」

翻訳でおなじみのGoogle翻訳。 アプリ版がアップデートされ、リアルタイム翻訳が可能

記事を読む

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフラップ部分で画面の保護もできる

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 104.iPhone

スマホ中毒には白黒が効く…かも

スマホ中毒は「ご褒美」のせい? 現代人の多くがスマートフォンを持って

iOS11の中古端末には注意?!リセットしてもアプリ情報が残るDeviceCheckとは

リセマラも不可になるかも 現在ベータ版が配信されているiOS11です

iPhoneの開発動機は「ジョブズがMicrosoftのある男性を嫌いだったから」

iPhoneの共同発明者が語る、iPhone開発秘話 現地時間6/2

ジョブズはiPhoneにバックボタンを付けたかった

ジョブズの希望通りならiPhoneのメインボタンが2つだった?!

Appleのサプライヤー企業が台湾株式市場をリード

台湾株式市場で最も価値のある上位25企業のうち、7社がAppl

iOS11では無線LANの設定はカメラで撮るだけに!

iOS11はただQRを読むだけじゃない! 9月に配信されると

有料iCloudストレージの容量が倍増!

お値段据え置きで1TB→2TBへ Appleが有料サービスの

Appleのユーザー情報を販売したとして販売代理店の22名を逮捕―中国

業務で入手したユーザー情報を闇市で販売した疑い 中国の浙江省

2017年第1四半期の全世界スマートフォン市場は83%以上の利益をiPhoneが獲得

圧倒的比率 市場調査会社のストラテジー・アナリティクスによる

→もっと見る

PAGE TOP ↑