オーディオ

【中華イヤホン】Takstar INGPING H60(紅豆)レビュー

ingping000

円高傾向だ!輸入だ!

ということでまたしても中華イヤホンを買ってしまいました。

今回はTakstarのINGPING H60という機種。
その名前の通り、形状はまるで紅い豆。

こちらのセラーより購入しました。発注が2/18、出荷が2/21で本日3/10に到着。途中で6日ほど空を飛びっぱなしでしたが無事に納品されて一安心です。

 

では開けていきましょう

ingping008

注文時に化粧箱の有無を選択できました。今回は化粧箱無しのほうが多少安かったのでそちらを。

なので緩衝材付き封筒を開けるといきなりこのイヤホンケースがお目見えしました。

ingping006

中身はこんな感じ。

・H60本体

・延長ケーブル

・ステレオジャックアダプタ

・イヤーピース(最初から装着されているものの他に3段フランジのM・L、普通の黒シリコン製のM・Lの計5セット)

・ワニ口クリップ

となっております。個人的にはケーブルをまとめている針金まできちんと赤いのが好感度高いです。

筐体は小さめで全体的に丸いので耳にすっぽりと入ります。良い装着感。

 

Let's試聴!!

ingping007

では私のレビューではお馴染みのKalafinaのMagiaから聴いていきます。

プレイヤーは先日ご紹介したShanlingM2です。

 

再生!!

 

…う~ん?

なにやら低音がひたすらボワンボワンする感じがします。これは失敗か!?

ingping001

ひとまずイヤーピースを交換します。いくつか試した結果、黒シリコンのLが一番しっくり来たので以降はそれで聴いていきましょう。

 

気を取り直して次の曲を。

ingping005

amazarashiの花は誰かの死体に咲く。

Magiaほど低音は出てこないものの、やはり主張がすごい。

でも中高音域は綺麗に出ていて低音便りのイヤホンという感じでもなさそう。

 

…と、とりあえず色々聴いてみよう。

ingping004

BRADIOのスパイシーマドンナ。

ベースにキレは無いものの、その分ギターのメリハリが強調されて良い感じ。

 

ingping003

椎名林檎の長く短い祭。

女性ボーカルの声が少し遠く感じる。反面、男性ボーカルは近め。

ベースは相変わらずボワつくものの、弦を弾く音は綺麗に聴こえる。

ingping002

最後に宇多田ヒカルのSAKURAドロップス。

やはり女性ボーカルはやや遠い感じ。頭サビ後の間奏に入っている水滴のような音もしっかり聴こえるのでやはり中から高音はきちんと鳴らしてきます。

全体的な音場は広め。

 

値段以上の価値はありそう

現在(2016年3月10日)の価格では2,000円を割っており、送料も無料。

飛びぬけて良いイヤホンというわけでは有りませんが、価格以上の実力はあるようです。

中高音はきちんと鳴らすものの、刺さるような硬い音は鳴らないので通勤中等の聞き流す用途には向きそうだなと感じました。

<文:研究員A>

-オーディオ

関連記事