オーディオ

【PCDP】ジャンクのJVC XL-P60を買ったので直して改造してみました【PZ-800】

色々と手続きを進めていたり打ち合わせをしたりと多くなってきました。

さすがは年度末ですね。

iPhone研究所 所長です。

 

さて、職業柄というか趣味というか海外とやり取りが多いのですが、海外版ヤフオクのようなもの「eBay」で懐かしい物を見つけました。

原因不明の不動品(故障品)のようでほぼ送料だけで購入

届いた時

ポータブルCDプレイヤー(PCDP)ですね。

輸入品なのでJVC XL-60という型式でしたが、日本ではCasio PZ-800という名前で全く同じ製品が販売されていました。送料とか考えますと国内でヤフオクでも使えば良いのですが、あまり聞いたことのない型式なので思わず購入してしまいました。

昔と比べると音楽プレイヤーも小さくなったなぁとは思いますが、今の音楽プレイヤーではそのままテープとかCDとかMDとか聴けるわけはないので別物といえば別物なのかもしれません。

 

さて、早速分解して調べようと思います。この前の小さい音楽プレイヤーと比べる作りが雑とても大きな部品でわかりやすいのでササーっと調べみますと、コンデンサの故障というか経年劣化でダメになっているようでした。経年劣化するほどの時間が立っているのか考えましたが、そもそも発売が1980年台後半頃からなのでヘタしたら皆さんより年上かもしれません。おそらく他の部品も壊れてはいなくても同じような状態でしょう。

 

1.コンデンサーの交換

表面

交換前の写真を撮り忘れました。

とりあえず容量を下回る事は無いように、ストックしている部品とにらめっこしながら交換していきます。

裏面

裏面です。こちらは何があったのかサビというか腐食があったので除去しつつ部品を交換しました。

 

すると・・・

電源はいった

見事復活!

幸い職場にはたくさんのCDがありますので使用してみました。一生懸命直したせいかただのプラシーボ効果なのかはわかりませんが、よく聴くBGM用ネットワーク放送とは違います。

 

2.改造する

改造するのはいつものことですが、今のプレイヤーと比べて駆動部分が多いのでそうホイホイと改造するとすぐ動かなくなるので注意は必要です。

幸い?先日クロックという部品を交換した事があったので、それと同じ手順でクロックを交換しようと思います。使用したのは元々の部品と同じ16.9344MHzで、ppmのみ±50が±0.1ppmになっています。

クロック

早速部品を作ってみました。回路も前回作成したものがそのまま利用できるので、あとはクロックを購入して組み込むだけです。iPhone4Sのバッテリー端子よりかは細かいですがまだ余裕があります。

完成

どうでしょうこのやっつけ感

 

くっついて動けばいいんです。前回以降手馴れてきた(油断)ので1発で動きました。据え置きの環境で使用しているので効果の程は感じにくいかもしれませんが、店内BGMに使用するのには十分に素敵な音を奏でてくれると思います。

ポータブルとはいえ持ち運ぶのにも単3電池4本も使うので経済的でもなく、また重さもiPodのそれと比べれば倍以上、入る楽曲数は容量によりけりですが半分以下、おまけに振動に弱いなんて今更何で使うのかと思われるかもしれませんが、これはこれでロマンを感じたりしますね。

 

PCDPの修理は受け付けておりませんのでご注意ください。

 

 

-オーディオ