4inchiPhone

iPhoneSEは高い?それとも安い?検証してみましょう。

iPhoneSE-Price

iPhoneSEの価格は高い??

さて、突然ですが質問です。

あなたはiPhoneSEの価格は高いと思いますか?

 

一部ネット上ではiPhoneSEは高すぎるという声が多く挙がっているようです。
今日現在(2016年3月23日)Appleのサイト上で表記されている価格は速報でもお伝えしたとおり、16GBが¥57,024(税込)、64GBが¥69,984(税込)となっています。

さて、ではこの価格設定が適切なのかについて考えてみましょう。

◆その1:iPhoneSE vs iPhone6s

まずはiPhoneSEに最も近いとされるiPhone6sとの性能比較です。

今日現在(2016年3月23日)のAppleサイト上での価格は、16GBが¥93,744(税込)、64GBが\106,704(税込)(128GBはiPhoneSEに無い容量のため割愛)。

iPhone6s-price

単純に金額だけで差額を見ますと、いずれの容量も\36,720の差となっています。

iPhone6sよりもiPhoneSEは16GBなら40%強、64GBでも35%強安いということですね。

では35~40%の性能差があるのかを、大まかな機能に絞って比較していきましょう。

 

機能 iPhoneSE iPhone6s
画面サイズ 4インチ 4.7インチ
解像度(px) 1136×640 1334×750
3DTouch 非搭載 搭載
チップ A9/M9
携帯電話通信方式 4G LTE 4G LTE-Advanced
Bluetooth Bluetooth 4.2
Touch ID 第1世代 第2世代
アウトカメラ画素数 12メガピクセルiSightカメラ
LivePhotos 対応
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(3,840 x 2,160、30fps)
インカメラ画素数 1.2メガピクセル(iPhone6相当) 5メガピクセル
自動HDR 写真のみ対応 写真とビデオに対応
Hey Siri 常時対応
インターネット利用時間 3Gで最大12時間、4G LTEで最大13時間、Wi-Fiで最大13時間 3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
気圧センサー 非搭載 搭載
対応SIMカード nano-SIM
コネクタ Lightning

さて、いかがでしょうか。項目としては多い気もしますが、画面解像度はインチ数に合わせて下げないと文字が小さすぎて見えないようなことになりますし、通信方式もLTE-Advancedには対応しないもののLTEでもそれなりの速度は出ます。
インカメラも6sには劣るものの、iPhone6と同等の性能ということで使用に堪えないレベルのものではありません。

そして、そもそものインチ数については4インチが良いというユーザーしかiPhoneSEを候補にいれることはないでしょう。なのでこれはマイナスポイントたり得ません。
気圧計はあまり使うこともないでしょうし…、となるとやはり手痛いのは3DTouchを搭載できなかった点でしょうか。

せっかくiPhone6sから採用した3DTouch。体験したいものの4.7インチは大きすぎるというユーザーは一定数いたことでしょう。これはiPhone6sと比較した場合のiPhoneSE最大の欠点といえます。

そして、地味にTouchIDが第1世代であることが減点となっているユーザーも存在するようです。確かにその認識精度は第2世代を搭載したiPhone6sで格段に向上しました。

最近はさまざまなサイトの認証がTouchIDで行えるようになってきていますから、精度の高い検知を求めるのは至極当然といえるでしょう。

 

主要機能を比較してみましたが、果たしてiPhoneSEはiPhone6sの価格の60%~65%を占める価値があるのか。

完全にではないもののiPhone6sの機能のほとんどをそのまま詰め込んだiPhoneSE。これについては価値は充分すぎるほどにあると言えるでしょう。

 

◆その2:現代のスマホの実売価格は?

次に、私はiPhoneSEが高いというユーザーがいるというのを聞いて、自分のスマートフォンがいくらなのかを分かっていないユーザーが増えているのではないかと感じました。

所謂ガラケー全盛期には高スペックなものでも1~2万円程度でした。加えて、スマートフォンが普及してきてからは本体価格自体は大きく上がっているものの、各キャリアが割賦契約前提の割引等を行い「実質○○円」「月々○○円」などという表記をするようになってきたので高額な本体価格が分割決済されて、一体自分が合計いくら支払っているのかが明確に分からなくなってしまうという状態に陥ることがままあります。

結果、「ケータイは2万くらい」という感覚と「自分が合計いくら支払っているのか分かっていない」ユーザーは、5~6万円という価格を「高すぎる!!」と感じてしまうのです。

さて、ではここでiPhoneのライバルとされることの多いGalaxyシリーズの2014年モデルである「GalaxyS5」の価格を見てみましょう。

GalaxyS5

ほぼ2年前の機種であるGalaxyS5でさえ、現在中古で約\28,000~\43,000となっています。中古でこれですから新品、まして発売直後ならばもっと高額になります。

つまり、現在のスマホの本体価格相場では新品ならば3万円以上が当たり前。それなりの機能を求めるのであれば5万円は出して然るべきという状態なのです。

 

それでもiPhoneSEは高いと思いますか?

さて、以上の2点を踏まえて再度の質問です。

あなたはiPhoneSEは高いと思いますか?

 

ちなみに私個人としては近年のハイスペック端末としては妥当どころか機能を考えれば寧ろ安いのではと考えます。

なお、Apple公式から購入する場合にはもちろんキャリアの割引等はありませんから、ご紹介した価格は純粋に本体としての価格です。

キャリア経由で購入する場合には、2年縛りや各種オプションサービス等をつければもっと安く購入できることでしょう。

(不要なオプションで搾取されることを考慮しないのであれば、ですが。)

<文:研究員A>

-4inchiPhone