4inchiPhone

iPhoneSEでも一悶着ありそう…。iPhoneSEのA9チップ採用は善か悪か。

Tsmc

また悪夢の再来か

皆さんは覚えているでしょうか。2015年9月のiPhone6s/iPhone6sPlus発売直後から起きたある騒動を。

それはメインチップのメーカー格差。

 

TSMC>SAMSUNG

iPhone6s/iPhone6sPlusで採用されたA9チップは2つのメーカーで生産していました。台湾のTSMCと韓国のSAMSUNGです。

それぞれの生産するチップが同じパフォーマンスをするならば何事も無く、もしかしたらiPhone6s/iPhone6sPlusはもっと売れたのかもしれません。

でもそうではありませんでした。SAMSUNG製のほうが消費電力が多いことが発覚してしまったのです。

それも微々たる物であれば良かったのですが、なんと理論値で50分。ただでさえ液晶の大きなiPhone6s/iPhone6sPlusはより多くの電力を使用してしまいます。

これはあっという間にネット上に広がり、TSMCのチップならアタリ、SAMSUNG製ならハズレとされてユーザーは自身のiPhone6sがどちらであるか、ある種バクチのような感覚で購入することになってしまいました。

この問題を受けてAppleは公式に(微々たる差としつつも)チップの格差があることを認めました。

 

またバクチになるのか?

そして、先日の発表会ではiPhoneSEにもiPhone6s/iPhone6sPlus同じA9チップが採用されることが明らかになりました。

画面サイズが小さいので、元々iPhone6sよりは電池持ちは良いはず。ですがチップ格差がもしまた起こってしまったなら、iPhone6s/iPhone6sPlusと同じくユーザーはバクチ感覚で購入しなければならなくなります。

確かにA9チップは最新機種のメインチップであるだけあって非常に高性能です。これを新機種に搭載することには何の疑問もありません。

ですが、メーカー格差で問題があったチップセットをそのまま最新機種に流用するのであれば、Appleの信頼は大きく失墜しかねません。

件の騒動から約半年。同じ過ちを繰り返さないことを祈るばかりです。

<文:研究員A>

-4inchiPhone

関連記事