iOS

iOS 9.3の新機能「Night Shift」を使ってみた

nightshift05

iOS 9.3

nightshift01

3/22のApple発表会の後に配信されたiOSのアップデート。

特に注目はブルーライトを軽減する「Night Shift」でしょう。

 

そもそも「ブルーライト」って?

ザックリ言うとLEDの青白い光を長時間見続けると目に悪影響を及ぼすらしいです。

特に夜スマホやパソコンを見てると「まぶしいなぁ」とか「目が疲れるなぁ」とか感じたことはありませんか?

寝る前にちょっとスマホいじるつもりが、返って目が冴えちゃったり。

これがブルーライトの影響と言われています。

まあLEDが普及したのってここ数年なので、一部は憶測の域を出ないらしいですが。

 

それを改善したのが新機能のiOS 9.3の新機能「Night Shift」です。

 

「Night Shift」を使ってみる

この機能はiPhone 5s以降、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)が対象だそうで。

そんなわけで今回は研究員HのiPod Touchで使用して見たいと思います。

 

nightshift02
アップデート後は画面の設定項目に「Night Shift」が追加されています。

 

nightshift03 nightshift04
こんな感じで、スケジュール設定する「時間指定」もしくは手動で行う「手動で明日まで有効にする」を使い分けます。

 

nightshift08 nightshift07 nightshift09
さらに位置情報サービスの時間帯の設定がオンになっていれば、「Night Shift」の「時間設定」の中でさらに「日の入から日の出まで」と「カスタムスケジュール」が選べます。

「日の入から日の出まで」にするとシーズンによって違う日没日出を自動管理してくれるそうです。

 

nightshift05
で、比較。

カメラで別々に撮影したため、カメラ側で若干の補正はかかっているが、概ねこんな感じ。

かなりオレンジ色になるので、部屋が明るいうちは違和感があると思います。

なので「日の入から日の出まで」で自動管理するよりは、自分の終身時間に合わせてスケジュール組むか手動管理にしたほうが良いかと思います。

 

「オレンジがキツ過ぎる」または「もっとオレンジでも良い」という人は一番下の色温度の部分をいじれば調整できます。

ただ、左にすると「Night Shift」の恩恵を感じにくく、右にすると本当にオレンジがキツいので、中間がベストだと思います。

 

nightshift06
また、コントロールセンターにボタンが追加されたので、ここからでも設定を行えます。

 

夜中ガンガンiPhoneをいじってると言う人は、試してみてはいかがでしょうか?

いや、寝る直前とか暗いところで使わないに越したことはないんですけど。

-iOS

関連記事