iPhone7s

有名アナリスト、有機ELディスプレイの採用は2017年モデルからとの予測。

有機EL

有機ELのiPhoneは2017年からか

iPhoneの予測に定評のあるKGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、これまでiPhoneに搭載されるのは2018年以降とされていた有機ELディスプレイは2017年モデルからの採用となるだろうということです。

実は以前にも2017年に有機ELが採用されるだろうという報道はあったのですが、今回はそれだけではありません。

2017年のiPhoneはこれまでの慣例からいけば「iPhone7s」となりますが、同氏の予測では前面、背面とも曲面ガラスになり、側面に金属が使用される新デザインに。

また、握りやすいようにベゼルが縮小される上、ついにワイヤレス充電にも対応するとも。

 

これまで「s」名はデザインを継承しつつもバージョンアップした端末につけられてきた符号です。

今回の予測どおりに大幅なデザインや機能の改変があるとすると、その名前はiPhone7sではなくiPhone8となる可能性がでてきました。

果たしてAppleは有機ELディスプレイを早急に採用してライバルのサムスンと同じ土俵に立てるのでしょうか。
<情報元。cnet>

<文:研究員A>

-iPhone7s

関連記事