NEWS

「正規修理」という言葉の罠。Appleは水没した基盤を流用している?

burn

非正規修理業者による忠告動画が公開

iPhone/iPadの非正規修理を請け負うiPad RehabのJessa Jones女史がとある動画をYoutubeにアップしたことが話題になっています。

なぜならばその動画により、Appleが正規修理としてユーザーに渡す交換品に水没した基盤を流用している可能性がでてきたのです。

まずはその動画をご紹介しましょう。

 

女史は動画の中でまず正常なiPadminiを分解し、基盤を顕微鏡で確認していきます。

normal-base

正常品だけあって変な焼けや腐食はなく、半田付けもしっかりしておりチップは容易には外せそうにありません。

 

次に取り出したのは、iPad Rehabへ修理依頼品としてきたiPadmini。

お客さんによると、子供が落下させて以降全く電源が付かなくなってしまったそうです。

購入してから1度だけ、Appleで保証対象外の交換対応をしてもらったとのこと。

 

女史はこのiPadminiを分解していきます。液晶の接着は過去に剥がされた様子もなく、第3者による分解は確認できないとのこと。

そして以下がその基盤です。

abnormal-base

抵抗の半田は取れかかり、基盤のベース部分もコーティングが剥がされていることが確認できます。

abnormal-base001

この状態から女史は、この基盤はAppleが回収した水没iPadを分解、メインチップのみ載せ換えて交換品として流用したのだろうと推測しています。

abnormal-base002

ショートした形跡もいくつか確認できます。

 

これは交換品としてよいのか?

回収品の基盤流用自体はコストの削減としてよくメーカーが行うことであり問題ではありません。

実際、交換対応の案内にはどこにも「新品」とは記載していませんからね。

しかし、誰が水没してダメージを受けた基盤が交換品として出てくると思うでしょう。ましてやこれは「正規修理」での話です。

私どもiPhone研究所のような非正規修理店では免責事項をご承諾いただき修理していますが、今回はメーカー自身が行っているもの。

いくら保証外でもそれなりの金額を支払うのですから普通なら新品ないしは新品同様のものになったと思ってしまいますよね。

 

今回はiPadの話なので、これがiPhoneでも行われているとは限りません。

それにこれは非正規業者の公開した動画に過ぎません。

ですが非常に信憑性のある内容。あなたはこれをどう思いますか?

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事