*

「正規修理」という言葉の罠。Appleは水没した基盤を流用している?

公開日: : NEWS

burn

非正規修理業者による忠告動画が公開

iPhone/iPadの非正規修理を請け負うiPad RehabのJessa Jones女史がとある動画をYoutubeにアップしたことが話題になっています。

なぜならばその動画により、Appleが正規修理としてユーザーに渡す交換品に水没した基盤を流用している可能性がでてきたのです。

まずはその動画をご紹介しましょう。

 

女史は動画の中でまず正常なiPadminiを分解し、基盤を顕微鏡で確認していきます。

normal-base

正常品だけあって変な焼けや腐食はなく、半田付けもしっかりしておりチップは容易には外せそうにありません。

 

次に取り出したのは、iPad Rehabへ修理依頼品としてきたiPadmini。

お客さんによると、子供が落下させて以降全く電源が付かなくなってしまったそうです。

購入してから1度だけ、Appleで保証対象外の交換対応をしてもらったとのこと。

 

女史はこのiPadminiを分解していきます。液晶の接着は過去に剥がされた様子もなく、第3者による分解は確認できないとのこと。

そして以下がその基盤です。

abnormal-base

抵抗の半田は取れかかり、基盤のベース部分もコーティングが剥がされていることが確認できます。

abnormal-base001

この状態から女史は、この基盤はAppleが回収した水没iPadを分解、メインチップのみ載せ換えて交換品として流用したのだろうと推測しています。

abnormal-base002

ショートした形跡もいくつか確認できます。

 

これは交換品としてよいのか?

回収品の基盤流用自体はコストの削減としてよくメーカーが行うことであり問題ではありません。

実際、交換対応の案内にはどこにも「新品」とは記載していませんからね。

しかし、誰が水没してダメージを受けた基盤が交換品として出てくると思うでしょう。ましてやこれは「正規修理」での話です。

私どもiPhone研究所のような非正規修理店では免責事項をご承諾いただき修理していますが、今回はメーカー自身が行っているもの。

いくら保証外でもそれなりの金額を支払うのですから普通なら新品ないしは新品同様のものになったと思ってしまいますよね。

 

今回はiPadの話なので、これがiPhoneでも行われているとは限りません。

それにこれは非正規業者の公開した動画に過ぎません。

ですが非常に信憑性のある内容。あなたはこれをどう思いますか?

<文:研究員A>

関連記事

二つ折りはもう古い?三つ折りも出来るフレキシブルiPhoneの特許

AppleがOLEDディスプレイを使用した折りたたみ式iPhoneの技術特許を取得した事がネ

記事を読む

アンテナ立ってるのに繋がらない!!を無くすとても簡単な方法

「バリ3」なんて言葉がありましたが… 覚えていますが?その名の通りアンテナが3本立っている状態

記事を読む

AppleIDなどの情報入力を求めるフィッシングメールに注意

Twitterでauが注意喚起 Twitterのau公式のサポートアカウントが、AppleIDなど

記事を読む

マクロ・魚眼・望遠撮影が可能!「ZOOM Lens Kit for iPhone 7 Plus」

ZOOM Lens Kit for iPhone 7 Plus CAMERARから発売され

記事を読む

30mから落としても無事!!ケースとしては斬新な新素材。

TechRaxが新たな動画を公開。 過去にも何度か動画をご紹介してきたTechRaxですが、今

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑