NEWS

Appleのユニーク特許。今度は音楽。

kinta

2014年9月出願。NGワードの歌詞を置き換える?

ビルボードジャパンによると、Appleが2014年9月に出願した「音声再生中の露骨な歌詞の管理・差し替え・削除」の特許を取得したとのことです。

 

この特許はその名の通りストリーミング再生中の楽曲から人を不快にするNGワードを検出し、ピー音や不適切でない歌詞に置き換えて再生できる技術。

しかも、不適切なワードの裏の演奏を分析して曲が不自然に途切れることの無いような演奏を作り出すことができるというハイテク技術付き。

また、音楽だけでなくオーディオブックにも対応しているとのことで、歌詞だけでなく本の中のNGワードや性的表現を排除することもできるようです。

なにそれすごい。

 

すごい技術だけどどこで使うの?

情報元では、この技術は今のところAppleMusic等で投入することはないのでは、としています。

技術としては素晴らしいものがありますが使い道が無いのではもったいないですよね…。

 

なお、このニュースを受けてネットでは「修正された”金太の大冒険”が聴きたい」という声が多く挙がっているようです。

確かにサビの歌詞の全てがNGワードのこの曲が修正されたらどうなるのか、興味はあります(笑)

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事