豆知識

きちんと変換できる。そう、「あいふぉーん」ならね。

iPhone

最新のiPhoneは「あいふぉん」が変換できない?

「iPhone」という文字を入力したいとき。ローマ字打ちなら当然入力できますが、いちいちキーボードを切りかえるのは面倒ですよね。

だから大抵の方は「あいふぉん」で変換をしていたはず。ところが最近のiOSでは「あいふぉん」の変換候補に「iPhone」が出なくなってしまったのです!!なぜ?!

image

↑この通り「iPhone」の文字は無し…。

 

その理由は特許にあった!

随分前に、「iPhone」は日本においてはAppleの特許ではないという話をご紹介しました。

「アイホン」ならびに「iPhone」は日本では「アイホン株式会社」の所有特許なんですね。

日本では、Appleは他社の所有特許である「アイホン」と区別がつくように「あいふぉん」ではなく「あいふぉーん」と呼んでいるのです。

つまり…

image

そう。「あいふぉーん」ならバッチリ変換できるのです。

 

もっとも、「あいふぉ」の時点で変換候補に出るんですけどね。

image

というわけで、Appleは日本では「iPhone」を「あいふぉん」ではなく「あいふぉーん」として展開しているため今回のような変換に変わったんですよ、というお話でした。

<文:研究員A>

-豆知識

関連記事