*

闘いは終わっていなかった。米政府、iPhone5sのロック解除をAppleに要請。

公開日: : NEWS

ロック解除させません。

今度はアメリカ司法省

FBIとの騒動/span>が大きく取り沙汰されたiPhoneのロック解除をAppleに求める訴訟ですが、どうやら同様の訴訟はあちこちで起きているようで…。

 

現地時間4/8に、アメリカ司法省はニューヨーク州の連邦地方裁判所が2月下旬に行った「麻薬密売者のiPhone 5sのロック解除をAppleが支援する必要はない」という判決を不服として、上訴する意向を伝えました。

この政府の判断については同日、Appleの弁護士が遺憾の意を表明したものの、当のApple自身にとっては意外ではなかったようで「驚くことはない」としています。

また同弁護士は今回の司法省の判断について「Appleの見解は”法執行機関によるiPhoneのロック解除をAppleに強制的に支援させるという前例を作りたがっている”というものだ。」と語っています。

 

実際、政府はApple相手に複数の「ロック解除支援を強制するため」の訴訟を起こしています。

このiPhone5sの件もその一つで、他にボストンの麻薬組織の一員とされる人物のiPhone6Plusの解除要求等も同様に訴訟となっています。

Appleは一貫して「ロック解除ができてしまえば全世界のユーザーが危機にさらされる」として要求を拒否し、政府側は2世紀以上も前の1789年に制定されたAll Writs Act(全令状法)を盾に解除を要求するという図式に鳴っているようです。

All Writs Act(全令状法)とは簡単に言うと法典上に特定の根拠条項がない場合に使える「何でも令状」のこと。でもそんなものをいつでも使えたら政府の無双状態になってしまいますから制約も設けられています。

それは「全令状法を用いるに値する緊急事態であること」と「被処分者に過度な負担が発生しないこと」。

この制約に基づき、2月下旬のニューヨーク州連邦地方裁判所では「全令状法を用いるに値しない」としてAppleに支援を強制することはできないという判決が下ったわけですが司法省はこの判決をなんとか覆したいというところなのでしょう。

覆すためには「Appleの支援がなければ必須であること」と「解除作業がAppleに過度な負担を与えないこと」の証明が必要になりますが政府はその証明ができるのでしょうか。

ちなみにこの全令状法に関する判断はここの裁判所にかかっており、どこかで棄却されたからといってよそでも棄却されるというものではなく、またその逆も然り。

ロック解除をめぐる法廷闘争はまだまだ続きます。

F情報元:C Net

<文:研究員A>

関連記事

実際、大画面って使いやすいんでしょうか?-iPhone研究所アンケート

大は小を兼ねるとはいえ… iPhone研究所唯一の女性スタッフOさんが「iPhone6とかiPho

記事を読む

iOS9.3betaが一般公開!早速新機能を試してみました。

来ました!iOS9.3! 先日、<iOS9.3が開発者向けに公開されたという情報>をお伝えしま

記事を読む

iOS10、「設定」もダークモード化!

残念ながらWWDC2016では発表されなかった、通称「ダークモード」。 しかしいくつか

記事を読む

iPhone7は3D写真が撮れる(かも)!!カメラ性能は大幅向上か。

iPhone7にはレンズが2つ?? Appleが何でも思いついたら特許を出願しているというのは

記事を読む

500MBまでなら無料のSIMをSo-netが提供開始。でも気をつけないと無料に踊らされちゃうかも。

無料?!やっほい!! 通信プロバイダでおなじみのSo-netが、同社サイト上で本日より「0 S

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑