*

FBIの手助けをしたのはセレブライト社ではなかった?!

公開日: : NEWS

23

えっ?違うの?

ワシントンポストが驚きの記事を掲載しています。

それは、FBIのロックを解除したのはセレブライト社ではなくプロのハッカーだというもの。

 

世間では公表こそされていないものの、サン電子傘下のセレブライト社がFBIに協力したというのが周知の事実でした。

ですがここにきてワシントンポストが異を唱えたのです。

なんでもこのFBIの問題に精通している人の話ではプロのハッカーに解除を依頼し、報奨金を支払ったのだといいます。

プロのハッカーにも種類があり、「ホワイト・ハッツ(白い帽子)」と呼ばれるハッカーはその技術をソフトウェアの脆弱性を指摘したりといった善行に使い、「ブラック・ハッツ(黒い帽子)」と呼ばれるハッカーは個人情報の不正取得等の悪行に使うのだそうです。

しかし今回FBIに協力をしたのはそのどちらでもない「グレー・ハッツ(灰色の帽子)」と呼ばれる人たちだそうで、報酬次第で善行も悪行もするような人たちなのだそう。

 

仮に企業ではなく個人がハッキングを行ったとなればその技術は個人の意思次第で多くの人を救うことにもプライバシーの流出危機に晒すこともできてしまいます。

その「灰色の帽子」が白に近い色であることを願ってやみません。

<文:研究員A>

関連記事

「正規修理」という言葉の罠。Appleは水没した基盤を流用している?

非正規修理業者による忠告動画が公開 iPhone/iPadの非正規修理を請け負うiPad Re

記事を読む

SHARPの買収合戦がなお白熱。Foxconnはさらに提示金額をUP!!

SHARPの奪い合いこそ目の付け所 経営危機に陥ったことで大手企業からの買収提案の耐えないシャ

記事を読む

【一気読み!】iPhone7価格情報・スペック・発売日等まとめPart1

まとめPart2はコチラ まとめPart3はコチラ メニュー 60.iPh

記事を読む

アップルが「iPhoneのロック解除」に応じることが出来ない件の論争を短くまとめてみた。

iPhoneのロックを第3者が解除できるようにしてほしい。という要望を米アップル社が断固拒否している

記事を読む

3D TouchがAndroidの標準装備に!?

中国どころの話ではなかった。 Googleが現在開発中の「Android N(7.0)」では3

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑