*

FBIの手助けをしたのはセレブライト社ではなかった?!

公開日: : NEWS

23

えっ?違うの?

ワシントンポストが驚きの記事を掲載しています。

それは、FBIのロックを解除したのはセレブライト社ではなくプロのハッカーだというもの。

 

世間では公表こそされていないものの、サン電子傘下のセレブライト社がFBIに協力したというのが周知の事実でした。

ですがここにきてワシントンポストが異を唱えたのです。

なんでもこのFBIの問題に精通している人の話ではプロのハッカーに解除を依頼し、報奨金を支払ったのだといいます。

プロのハッカーにも種類があり、「ホワイト・ハッツ(白い帽子)」と呼ばれるハッカーはその技術をソフトウェアの脆弱性を指摘したりといった善行に使い、「ブラック・ハッツ(黒い帽子)」と呼ばれるハッカーは個人情報の不正取得等の悪行に使うのだそうです。

しかし今回FBIに協力をしたのはそのどちらでもない「グレー・ハッツ(灰色の帽子)」と呼ばれる人たちだそうで、報酬次第で善行も悪行もするような人たちなのだそう。

 

仮に企業ではなく個人がハッキングを行ったとなればその技術は個人の意思次第で多くの人を救うことにもプライバシーの流出危機に晒すこともできてしまいます。

その「灰色の帽子」が白に近い色であることを願ってやみません。

<文:研究員A>

関連記事

Twitterを中心にiPhoneをクラッシュさせるサイトリンクが蔓延中!!

リンク踏む→iPhoneクラッシュ 9to5MacによるとTwitterを中心に、アクセスする

記事を読む

iPhone7で充電しながらイヤホンが使える「Lightning Audio + Charge RockStar」が国内でも販売

Belkin Lightning Audio + Charge Rockstar 以前に

記事を読む

Apple、国内版iOS10プレビューサイト公開

開発者向けカンファレンス「WWDC 2016」にて新OS「iOS 10」を発表してからという

記事を読む

その存在は唯一無二。4インチiPhoneは一匹狼?

4インチiPhoneはナンバリング無しか 9to5Macによると、iPhone5seで決定した

記事を読む

iPhone情報研究所ホームページオープン!!

iPhoneの最新情報をいち早くお送りします iPhoneの修理・買取サービスを運営するiPh

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

iOS11の中古端末には注意?!リセットしてもアプリ情報が残るDeviceCheckとは

リセマラも不可になるかも 現在ベータ版が配信されているiOS11です

iPhoneの開発動機は「ジョブズがMicrosoftのある男性を嫌いだったから」

iPhoneの共同発明者が語る、iPhone開発秘話 現地時間6/2

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 102.Apple、

ジョブズはiPhoneにバックボタンを付けたかった

ジョブズの希望通りならiPhoneのメインボタンが2つだった?!

Appleのサプライヤー企業が台湾株式市場をリード

台湾株式市場で最も価値のある上位25企業のうち、7社がAppl

iOS11では無線LANの設定はカメラで撮るだけに!

iOS11はただQRを読むだけじゃない! 9月に配信されると

有料iCloudストレージの容量が倍増!

お値段据え置きで1TB→2TBへ Appleが有料サービスの

Appleのユーザー情報を販売したとして販売代理店の22名を逮捕―中国

業務で入手したユーザー情報を闇市で販売した疑い 中国の浙江省

2017年第1四半期の全世界スマートフォン市場は83%以上の利益をiPhoneが獲得

圧倒的比率 市場調査会社のストラテジー・アナリティクスによる

ソニーがAppleを最優先してCMOSセンサーを生産

Apple以外のメーカーは泣く泣く他のサプライヤーへ Dig

→もっと見る

PAGE TOP ↑