NEWS

Siriは借りてきた猫だった。

Siri

Siriは他社特許を侵害しているとの判決

音声アシスタントとして絶大な知名度を誇るSiriですが、どうやらAppleのものではなく借りてきた猫だったようです。

Cult of Macによると、Siriの音声技術の一部がレンセラー工科大学の特許を侵害しているとして長期間にわたり行われた訴訟の判決が出たようです。

結果としてはレンセラー側が勝訴。Appleは和解金として500万ドル(約5億4,000万円)を支払うことで決着した模様。

Appleは今後3年間は今回問題になった技術をSiriで使用する許可を得ます。

 

しかしまたこれとは別にランニングコストとして1,990万ドル(約21兆4,920万円)が発生すると見られており、Siriはとんでもない金食い虫となってしまいました。

このまま3年間が過ぎればサイドレントラー側に膨大な金額を支払うことになってしまいます。

果たしてAppleは特許を侵害しない技術を開発し、Siriをリニューアルできるのでしょうか?

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事