*

名誉挽回をかけてサムスンが新技術を開発中

公開日: : NEWS

samsung

目指せ返り咲き

サムスンがiPhoneのNAND事業に返り咲くために新たなEMIシールド(電磁妨害遮蔽)技術を開発しているようです。

そのシールドはスプレーコーティング式で、もし実用化すればNANDの生産コストが大幅に低減できるだけでなくサイズの縮小も図れるとのこと。

 

サムスンは初期からAppleのトップパートナーとしてパーツの提供を行ってきましたが、4年ほど前に同じ韓国に本社を置くSKハイニックスにフラッシュメモリの主要ベンダーの座を奪われてしまいました。

それからサムスンはメモリの低価格化を意欲的に進めています。

そこに今回の技術が組み合わさればAppleにはかなり大きなアピールポイントになると思われますが果たして。

<情報元:AppleInsider

<文:研究員A>

関連記事

iPhone7Plusなんて不要!?画像加工アプリ「ぼかし++」

iOS10.1で実装されると思われる、カメラアプリの新機能「ポートレートモード」では背景をぼかした写

記事を読む

iOS9.2.1に早速の不具合。auユーザーは注意。

iOS9.2.1に留守番電話の不具合を確認 auがiPhone6,iPhone6Plus,iP

記事を読む

近い将来、iOSでもデフォルトアプリを非表示にできるかも?

邪魔だけど消せない… iOSにはAndroidと違い、ドロワーというものがありません。 ドロ

記事を読む

一部のiPhone6sがリコールにより無償交換対象に

発売から約1ヶ月間の端末が対象 Appleでは現在、iPhone6sの一部端末を対象に無償交換プロ

記事を読む

実はiPhone7のサイドボタンは今までと大きく違うんです。というお話

見た目は同じ…でも全然違うんです。 今日はiPhoneを仕事や趣味で修理する人に有用かもしれない情

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑