NEWS

Apple、2016年1月~3月期決算を発表。

iPhoneiPhoneiPhone

2016年1~3月期は13年ぶりの減収

Appleが26日に発表した2016年1月~3月期決算について、売上高が前年同期比で13%減の$505億5700万(約5兆6300億円)となったことが分かりました。減収は実に13年ぶりとなります。

今回の減収の大きな要因としてはiPhoneの売れ行き不振が真っ先に挙げられます。今回の1~3月期の販売台数は前年同期比16%減で5,119万台。
その他の製品も軒並み不振でMacは12%減で403万台、昨年秋頃に鳴り物入りで登場したiPadProの発売も虚しくiPadも不振が続き19%減で1,025万台でした。

最終利益も22%減の$105億1600万(約1兆1709億5,660万円)、実質的な1株利益は$1.9(前年同期は$2.33)と大きく下げています。
また頼みの綱ともいえる中国での売上高も減速が著しく、26%減と大幅な減少に転じました。

ただし、その他AppleWatchやAppleTVなどについては前年同期比30%増、ソフトウェアとしての売り上げは20%増とMacおよびiOS端末の不振の裏で好調な兆しを見せています。
16年4~6月期の売上高予想は13~17%減としているものの、3月末に発売されたiPhoneSEがどの程度Appleにとっての救世主になれるかが見所のひとつになりそうです。

<情報元:日経電子版
<文:研究員A>

-NEWS

関連記事