オーディオ

【イヤホン】Venture Electronics「VE MONK+」【レビュー】

作業着はスーツなのですが、通勤時に内部のしっとり感すごくなってきました。

 

iPhone研究所 所長です。

 

先日記事にしましたVenture ElectronicsのMONKというコスパの良いイヤホンですが、その後継機?としてMONK+が発売されました。

MONK

なかなか個性的なロゴというかMONK(僧)だと思いますが、話題に乗り遅れたというか発売したことすら知らなかったので速攻購入ブームの波には乗り遅れましたが、本日入荷しましたのでササっとレビューしていこうと思います。

MONK+

 

前回とは違い何か可愛らしいというか梱包がちょっと製品っぽくなっていますね。前回はただエアパッキンとミニポリ袋に入ってるだけでした。今回もおなじみの名刺がごそっと入れられている以外は、今回は赤と青のスポンジイヤーピースが2セット(4個ずつ)入っていて、MONKよりスポンジのキメは荒い物が入っていました。確かに前回のイヤーチップはフィット感は良いのですがちょっと音のこもりが目立つ感じになったのでそれが改善された感じです。

 

エージング後であればもっと正確なデータが取れるかと思いますが、かける曲かける音量などで変わるのでそれが良いか悪いのかという判断もありそうなので、MONKとMONK+のどちらも新品を用意して聴き比べてみます。

視聴環境

改造したMONKも並べつつ検証してみました。

MONK MONK+ MONK改
高音域 4 5 4
中音域 3 3 3
低音域 3 4 5
解像度 3 4 3
備考 こもり気味 バランス良し ドゥンドゥン
総評 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆

僅差という感じですが聴こえ方としては別物であるような感じはします。私はMONK+の方が良いかなと思いましたが、研究員AはMONKの方が良いとの事。

もちろん個人差はありますが、+だから良い!というわけではない感じのようですね。ちなみにMONK改はこちらの記事のものですが、イヤーチップとか追加しているのでそれを外して検証しました。外してみて思ったのは「無いほうがいいじゃん。音漏れとかは抜きにして」といった感じです。

さて、今回もiPhone研究所ではこのVE MONK+を5本仕入れてみました。

無くなり次第終了という事で、1本 980円で販売いたします。

MONKは残り1本となっておりますので、一緒に購入して聴き比べしてみるのもいいかもしれません。

こちらも視聴できる環境もありますので、気になる方は是非一度ご来店ください。

-オーディオ

関連記事