iPhone6s iphone6splus iphone7 NEWS

来年のiPhoneは4インチに戻る?海外アナリストが予想

grey_iphone5s

AppleInsiderによると、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が米国時間11月3日付けの投資家向けメモで、4インチ画面のiPhoneが、来年発売と予測されている時期ナンバリングの「iPhone 7」とともに登場する可能性があると述べています。また、機能については、現段階で4インチ画面を搭載する最後のiPhoneであるiPhone 5Sと似たようなものになると報じられています。

Appleは2014年のiPhone6/iPhone6Plusの発売に際して画面をそれぞれ4.7インチ/5.5インチまでに拡大しました。その翌年である今年2015年に発売されたiPhone6S/iPhone6SPlusにもそのサイズは継承されています。この大画面化で消費者の大きなニーズに応えることで消費者は他社のスマートフォンを検討することが少なくなりました。

しかし同氏は、画面サイズの小さいiPhoneに対する需要はまだ存在しておりその量産が2016年上半期に始まると考えています。つまり、この新しいiPhnoeが2016年に、例年であればは9月に発表される次世代iPhoneシリーズの1つとして登場する可能性があるのです。

4インチiPhoneが低価格モデルになるとみており、これはiPhone5Sと同時に発表された廉価版の「iPhone5C」を彷彿とさせますが、その筐体はプラスチック製ではなく金属製になる見込みだといいます。この端末には、現行のiPhone6SやiPhone 6SPlusと同じ「A9」プロセッサが搭載されるとされますが、あくまで現行の最新であり来年には過去の技術となります。ここには過去の技術を用いて価格を下げる狙いがあると考えられます。

またこの小画面iPhoneには、最新iPhoneに搭載されている感圧技術「3D Touch」は搭載されない可能性が高いということです。

-iPhone6s, iphone6splus, iphone7, NEWS

関連記事