NEWS

AppleWatchから出火?愛知県の男性がAppleを提訴。

apple-watch-1

AppleWatchが原因で自宅が一部焼けたとして提訴

愛知県春日井市の40代の男性がAppleWatchが発火し自宅の一部が焼けたとして部屋の修繕費など約156万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こしたことが分かりました。

 

男性は昨年5月に名古屋市のAppleStoreにてAppleWatchを購入。

専用の充電器で充電をして利用していましたが、昨年9月14日の未明に充電していた部屋から火柱が上がっているのを発見して消火。男性を含む一家に被害は無かったものの家財が一部焼けたということです。

男性が提訴前にAppleに本件を問い合わせたところ「火災は欠陥によるものではないと判断した」ということですが男性は訴状内で「本体内部から激しく燃えており、部屋にほかに火気を生じるものは一切なかった」として出火の原因はAppleWatchであったと主張しています。

 

地裁で10日、第1回口頭弁論が開かれたということで今後も引き続き裁判が行われてゆく予定です。

<情報元:朝日新聞デジタル

<文:研究員A>

 

-NEWS

関連記事