豆知識

脱獄不要!iPhoneの文字サイズを変更する方法

脱獄しないでフォントのサイズを変えてみよう

iPhoneを長年使用している方でも、あまり弄らない設定ってあると思います。

特にアクセシビリティなんて「なんじゃこりゃ?」って感じですよね。

でも案外面白い設定ができたりするんです。

 

そこで今日は「アクセシビリティ」の中から文字のサイズを変更する方法をご紹介しましょう。

Let's 設定

アクセシビリティ設定一般の中にあります。

IMG_0481

入るとこんな感じの項目が並んでいます。

今回使うのは「さらに大きな文字」という項目です。

早速入ってみましょう。

 

IMG_0482

はい。こんな感じでスライド式にフォントのサイズを調整します。

現在は中央になっていますね。これがデフォルトの状態です。

「さらに大きな文字」なんて言うから拡大しかできないのかと思いきや縮小もできます。

 

IMG_0484

一番右まで拡大するとこんな感じ。

ここで画面を一つ戻ってみましょう。

 

IMG_0487

なるほど大きくなっていますね。

…分かりづらい?ではデフォルトの状態と並べてみましょうか。

 

IMG_0481 IMG_0487

こう見るとかなり大きくなっているのがわかるのではないでしょうか。

では今度は逆に縮小してみましょう。

 

IMG_0483

スライダーを一番左に。いや~ちっちゃいですね。

 

IMG_0481IMG_0488

この通り。きちんと縮小されていますね。

ところで、「さらに大きな文字」の項目を操作したのに表示が「オフ」になっていることに気づきましたか?

実はこの部分はスライダーの画面のスイッチをONにすると変わります。

 

IMG_0485

なんとスイッチをONにするとこんなに拡大できちゃうんです!

さすがに大きすぎですね…。

ちなみにこの状態で1画面戻ってみましょう。

 

IMG_0486 IMG_0487

スイッチOFFの状態とONの状態を比べてみます。

…変わらないですね。多分、最大サイズで表示できるのは特定の画面のみなのでしょう。

ですが「さらに大きな文字」が「オン」になっているのは確認できますね。

 

全てのアプリでサイズが変わるわけではない点に注意

なお、残念ながらこの設定はiPhoneの全ての画面で適用されるわけではないようです。

ですが少なくとも標準アプリはその範疇のよう。

IMG_0490 IMG_0489

タイマーはこの通り縮小されていました。

 

脱獄はしたくないけど文字のサイズを変更したい!という方は是非参考にしてみてくださいね。

<文:研究員A>

-豆知識

関連記事