オーディオ

【中華イヤホン】2015 Hot SENFER DT2 Hybrid Double Unit In Ear Earphone【レビュー】

さてイヤホン熱も若干冷めてきたというかそんなにポンポン買ってはいられないのですが、またこれは見てすぐ気に入って買った製品なのでご紹介したいと思います。

 

iPhone研究所 所長です。

 

見た目はi◯800。中身は大人何でしょうね。部品の紹介はありません。

2015 Hot SENFER DT2 Hybrid Double Unit In Ear Earphone

本体

ie800のMMCXリケーブル対応版のようなデザインです。

お値段はMMCXケーブルが不要であればなんと3,600円程ととってもリーズナブル!

 

月並みに左右区別というか赤と青の色分けがされていますが、そのまま使えば左が青、右が赤というのが一般的ですがSHURE掛けするとそのまま赤青が逆になります。

それならばいっそのこと色分けしないでくれた方が良かった気はしますね・・・

では早速レビューしていきます。

 

全体的なバランスは良し!刺さらない高音と押しすぎない低音が魅力

今まではImpact Duraを使っていましたが、これはこれでもう1本持ち歩きたいというのが率直な感想でした。

解像度は高く、傾向としては高音低音強めのドンシャリですが、それでもよくある「とりあえず高音シャンシャン低音ズンズンすればいい」みたいな製品とは違い、ちゃんと鳴っているのに刺さらない高音と耳の痛くならない低音のアタックがあり聴き疲れはしないといった感じです。

形状としてはセミオープン?なのか後ろに空気穴のようなものが2つ空いていて、ここから若干音漏れはしているようですが外で使うには許容範囲内でしょう。

 

お値段以上のハイスペック。ハイレゾには非対応だが再生可能周波数は広い

再生可能周波数帯域が6-35000Hzとハイレゾ対応とは呼べないものの、それでも広いレンジを持っているので色んな音楽シーンでも遜色なく鳴らしてくれています。

MMCXでリケーブル対応なので、バランスケーブルや素材に拘ったケーブルを使用して味付けをすることも可能です。ただHPにあるようにSHURE掛けをするには赤青分類のところとそもそも取り回しにくいというのがあるので無理にSHURE掛けする必要は無いんじゃないかなと思います。

 

デザインはメタリックボディでそこそこ重量があります。イヤチップは大中小と3種類ありますが、私は社外品のコンプライをしようしてより低音が響くようにしました。

イヤーチップ交換

 

これは通称「毛」というイヤーチップを使ってみました。耳の穴から遠くなる長いタイプのイヤーチップは低音が増し、逆に近くなる物は高音が増すといった感じです。

ケーブルはオヤイデさんのL字型4曲バランスMMCXケーブル

 

総評★★★★★

アンバンランス、バランスどちらででも聴きやすい製品なので、気分によってケーブルを変えて使っていけるようなちょびっと玄人の方にオススメ。

もしImpact Duraを持ってる人がいれば「ちょっと強すぎる低音を控えめにして、高音の伸びが増したイヤホン」くらいの立ち位置です。

もちろんMMCXのケーブルを持っていない人は最初からセットで変えますし、秋葉原とかでケーブルのみ売っているので好きな素材、好きなデザインで用意するのもいいと思います。

価格帯もさることながら、この値段で聴ける音としてはトップクラスになるのではないでしょうか。

 

-オーディオ

関連記事