*

 iPhone 

中国でiPhoneの保護フィルムが爆発

公開日: : iPhone6s, NEWS

iphone6s_bom

中国にて、iPhoneに貼ってある保護フィルムが爆発し、所有者の女性が怪我を負うという事故が発生しました。

 

女性は、iPhoneに着信があった為に応答し、通話をした際に「パンッ」と音が鳴り、顔に保護フィルムが飛散し怪我を負ったとの事です。

使用していたのはiPhone6sなので、当然購入から一年も経っていないですし、保護フィルムが爆発した時は充電も行っていなかったとの事。

Appleに確認してもらったところ、「本体に漏電したような様子は見られず、ハードウェアに問題は無く、使用していた保護フィルムに関しては保証サービス適用外」とコメント。

また、保護フィルムメーカーは「フィルムは電気を通すものではなく、偶然が重なった事件と思われる」とコメントしているとの事です。

原因の特定には至らず、更なる検査の為に家電製品の品質検査部門に送ることを検討しているようです。

 

aiken1_32

iPhoneを守る保護フィルムが使用者に攻撃してくるとは驚きの事件です。

そんな事件は前例が無いので、iPhone単体に原因はなさそうですが、中国は容量増加サービスとかいう改造もやってますからね。

何かしら原因はあるはずですが、これを理由に販売停止にされなければ良いですが。

 

情報元:SOHU.com

<文:研究員H>

関連記事

iOS10、安全性が確認できない無線ネットワークに対して警告

iOS10では単純に便利な機能が追加されているだけでなく、危険性を知らせてくれる機能も増えています。

記事を読む

3ステップでiPhoneの動作を爆速にするバグ技!

アプリが一瞬で起動するようになる裏技! お馴染み9to5MacにiPhoneの動作を爆速にする

記事を読む

ジワジワきてる、とある技術。

少し前に、自転車に対しての法整備が強化されましたよね。 特に、「ながら見運転」、「イヤ

記事を読む

一部のiPhone6sがリコールにより無償交換対象に

発売から約1ヶ月間の端末が対象 Appleでは現在、iPhone6sの一部端末を対象に無償交換プロ

記事を読む

【人気DAP】AK120のコンデンサを交換してみました。【改造】

仕事が終わった後はスタッフとネットに繋いでみんなで モンハンクロスしてたりします。 しか

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 105.iPhone

スマホ中毒には白黒が効く…かも

スマホ中毒は「ご褒美」のせい? 現代人の多くがスマートフォンを持って

iOS11の中古端末には注意?!リセットしてもアプリ情報が残るDeviceCheckとは

リセマラも不可になるかも 現在ベータ版が配信されているiOS11です

iPhoneの開発動機は「ジョブズがMicrosoftのある男性を嫌いだったから」

iPhoneの共同発明者が語る、iPhone開発秘話 現地時間6/2

ジョブズはiPhoneにバックボタンを付けたかった

ジョブズの希望通りならiPhoneのメインボタンが2つだった?!

Appleのサプライヤー企業が台湾株式市場をリード

台湾株式市場で最も価値のある上位25企業のうち、7社がAppl

iOS11では無線LANの設定はカメラで撮るだけに!

iOS11はただQRを読むだけじゃない! 9月に配信されると

有料iCloudストレージの容量が倍増!

お値段据え置きで1TB→2TBへ Appleが有料サービスの

Appleのユーザー情報を販売したとして販売代理店の22名を逮捕―中国

業務で入手したユーザー情報を闇市で販売した疑い 中国の浙江省

2017年第1四半期の全世界スマートフォン市場は83%以上の利益をiPhoneが獲得

圧倒的比率 市場調査会社のストラテジー・アナリティクスによる

→もっと見る

PAGE TOP ↑