*

 iPhone   iOS 

iPhoneが防犯デバイスに?!Apple社がパニックモードの特許を取得へ

公開日: : iOS, iphone7, NEWS

alert on

ご存知の通りiPhone5S以降のシリーズにはTouchIDという指紋認証機能が搭載されており、端末ロック解除を主として最大5つの指紋を登録できるようになっています。

今回、Apple社が出願した特許には通常の目的で使用する指紋とは別に2つ目の「パニックモード専用」指紋を登録し、この指紋を読み取ることで端末の動作を変更させる方法が記されているそうです。

パニックモードとは言わば緊急モード。事件に巻き込まれた際等にユーザーデータと携帯端末の両方を盗難から保護することを主な目的とします。そのため、端末をパニックモード用指紋でロック解除すると、連絡先、メッセージ、メディアといった個人情報はロックされたままになり、また外観上は工場出荷時設定に戻っているように見えるといいます。

「携帯端末には何もインストールされていないように見え、アプリケーションには何の個人情報も入っていないように見える」とAppleは述べています。

事件に巻き込まれている最中にパニックモードによって、iPhoneを証拠を収集し救助を求めるためのツールとして活用するという事例も想定されていて、「ユーザーがパニックモードを起動する理由となった脅迫行為の状況または人物を、携帯端末のカメラによって1枚か複数の写真、または動画によって捉えることができる」と特許出願書類には説明されています。

ユーザーは、モバイルネットワークなりWi-fiなりの利用可能なネットワーク接続を利用して写真または動画を自動的に撮影して、インターネットを介してサーバーに保存するようにパニックモードを設定することもできるとのことなので、この自動保存された証拠を警察に提供して事件の早期解決に繋ぐこともできるとApple社は説明しています。

また、別の選択肢としてパニックモードに音声の録音と中継の機能を追加するというものもあるようです。その際には犯人が顔見知りであった場合にユーザーはただその人物の名前を口に出すか、録音を継続すればそれが自動的にリモートサーバに転送されることになります。 サービスプロバイダーが保存されたデータを警察当局に転送するように設定することも可能なのだそうで、そうすれば警察当局による犯罪行為への介入や犯罪者の逮捕が可能になるとAppleは記しています。

更にまた別のオプションとして、iPhoneを近くの端末に信号を送信するビーコンとして機能させてユーザーの位置を通知、緊急通報を発信するというものもあるようです。

事件の被害者になったけどiPhoneが命を助けてくれた、なんてことも今後起こるのかもしれません。

関連記事

この価格は自信の表れ?上海問屋からMMCX対応ダイナミック型イヤホンが発売

上海問屋からMMCX端子採用でリケーブル可能なイヤホンが発売 オリジナルブランドの上海問屋を展

記事を読む

iPhoneSE予約完了!注目のお知らせも…

激戦の末… 先ほど16:01より、ついにiPhoneSEの予約が開始されました。 私どももP

記事を読む

【PCDP】ジャンクのJVC XL-P60を買ったので直して改造してみました【PZ-800】

色々と手続きを進めていたり打ち合わせをしたりと多くなってきました。 さすがは年度末ですね。

記事を読む

2017年は7sを飛ばしてiPhone8?

例年通りであれば今年の9月頃にはiPhone7が発売され、来年にはその内部アップグレード版の

記事を読む

6P VS 6SP!iPhoneとAndroidの最新機種どちらが強いのか?!

iPhoneの6PといえばiPhone6Plusだが、この度Android搭載のNexus6Pという

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑